らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】やっぱり川が好き。通勤コース3本はみんな川沿い。


一月に大雪が降ってから、しばらく、通勤コースをちょこちょこ変えたりしていた。

その間、あんまり川沿いを走ることがなかった。


ひと月ぐらいだったか、久しぶりに川沿いの遊歩道&サイクリングロードを走ったら、何だかとてもホッとしてしまった。

やっぱり、川はいい。

海が好きな人もいる。

山が好きな人もいる。

自分の場合は、川が好きなのだ。

自転車や自転車通勤にハマったのも、川沿いのサイクリングロードを走っていたからだ、と思う。


今は、通勤コースは3種類。

通常コースと近道コースと雨の日コースだ。

結局、3コースともみんな川沿いとなった。

やっぱり、好きなんだよなあ……。


自宅から近い順にA川、B川、C川とする。


通常コースはC川沿いだ。

川沿いの遊歩道&サイクリングロード。

舗装されてない部分も多いので雨の日は無理だ。

でも、クルマは入ってこれないので気楽に走れる。

道幅も狭いし、舗装されてないせいか、歩いてる人も少ない。

一部、桜並木になっていて、春には桜のトンネルができる。

自転車で走っていても、頭が枝にあたりそうになる。

花との距離が近いのも気に入っている。

とにかく、一番好きなコースだ。


C川は、土手と言っても、高さはせいぜい1メートルしかない。

フェンスもガードレールもないので、コースアウトしたら、そのまま川に落ちる。

その代わり、水面との距離が、ものすごく近い。

だから、川が身近に感じられる。

ブルベをやっていたとき、北は北海道の宗谷岬から、西は静岡の浜名湖まで走り回ったけど、こんな川は無かった。

冬になるとユリカモメが渡ってくる年もある。


近道コースはB川沿い。

こちらは、サイクリングロードはない。

普通の車道があるだけ。

でも、フェンスやガードレールがないのはC川と同じ。

車道は抜け道になっていて、狭い割にクルマが多い。

なので、すれ違うのが時々怖い。

夜だとなおさらだ。

そんなわけで、時間が無くて近道する時だけしか使わない。


雨の日コースはA川沿い。

A川は、一番大きな川だ。

サイクリングロードも整備されている。

車道のように幅も広い。

走りやすさでは一番だ。

なので、雨の日は、ここを走る。

土手は三段になっていて、水面は遠い。

春は菜の花ロードになってカラフルだ。


川を身近に育ったので、自転車で走るときも川沿いが好きになったようだ。

いつか引っ越すとしたら、川沿いの家に住みたい、と思っている。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon