らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【食生活】この頃の朝食は擬似MEC 食のようなものになった。


今朝の朝食はこんな感じ。

果汁100%のオレンジジュース。

酒粕豆乳ヨーグルトを水切りして、クリームチーズ風にしたもの。

いつもは甘酒をかけるんだけど、あいにく切らしている。

皿の底には、とろけるチーズをレンチンしたもの。

きゅうりの塩麹漬け。

タマネギの酢麹漬け。

温泉卵(硬めで黄身がねっとり)。

大根おろし

昆布の佃煮。


しょうゆなどの調味料はかけない。

塩気はチーズと、きゅうりの塩麹漬けと、昆布の佃煮で間に合わせている。


糖質制限を意識しているので、炭水化物はなしとなっている。

もっとも、発酵食品をやたらと食べているので、あまり糖質制限になってない。

主食の米や麺類をひかえているぐらいだ。


長年、朝食は抜きだった。

食べてもヨーグルトぐらいだったし。

だから、これでも食べている方なのだ。


『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす 』を読んでから、温かい朝食を作らないことに抵抗がなくなった。

日本の朝食、銀シャリと味噌汁とアジの開きなどのイメージは、むしろ旅館の朝食で、昔は火を使わないメニューが普通だったそうな。

今日の朝食も、とろけるチーズをレンチンしたぐらいで、火は使っていない。

冷蔵庫から出して盛っただけだ。

  • 「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書) | 佐光 紀子 | 社会学 | Kindleストア | Amazon

  • からしっかり食べる人から見ると物足りないメニューに映るかもしれない。

    でも、食べてみると、酒粕豆乳ヨーグルトクリームチーズ風や、とろけるチーズや、温泉卵2つがあるので、けっこう腹にたまる。


    肉こそ食べないものの、肉代わりのクリームチーズ風、卵、チーズとMEC 食を意識している。


    朝食は食べた方が良いのか、食べない方が良いのか、一日何食食べるのが良いのか、自分に合ったやり方は、まだ、見つかっていない。

    もう、しばらく、試行錯誤が続きそうだ。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。