らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】片道約一時間の通勤コースだと熟睡。最短コース片道約45分だと眠りが浅くなることを発見した。


今朝は朝まで熟睡だった。

途中でトイレに起きたりしなかった。

目が覚めたついでにスマホをイジり始めて寝不足になることもなし。

起きると、脚の裏側に軽い筋肉疲労がある。

う〜む。

この頃、運動量が少なくなっていたのかもしれない。


もともと、自転車通勤は、いつも同じコースをルーティンで走るようにしていた。


今年になって、大雪の日以来、通勤コースを、その時の気分で変えるようにした。


四月になってからは、職場の異動があって、慣れない環境で仕事をしてることもあり、無理しないよう最短コースで通勤していた。

ちなみに、最短コースだと、片道役45分。

通常コースだと、約一時間だ。


昨日の帰りは、久しぶりに通常コースを走った。

帰りが早かったこともあって、久々に走ってみたくなったのだった。


通常コースは、川沿いの遊歩道&サイクリングロードなので、クルマは入ってこないし、何より風景が良かった。

菜の花が咲いてる夕暮れの川沿いは、ことのほか気分が良かった。


ほんの15分ほど遠回りした違いしかないんだけど、身体はしっかり疲れていたようだ。

川沿いの遊歩道&サイクリングロードは、オフロードの部分も多いので、意外と疲労がたまるのかもしれない。


ここのところ、眠りが浅くて、夜中に目が覚めていたのは、花粉症の鼻づまりだけが理由じゃなくて、運動不足もあったのかもしれない。

一定の運動量をクリアしないと、熟睡できないのかもしれないなあ。


「積極的休養」と言う考え方もあるし、通勤コースは、通常へと戻すようにしよう。

人によって、適切な運動量は違うだろうけど、自分の場合、片道約一時間の自転車通勤と言う運動量が、ちょうど良いのかもしれない。

この運動量は確保するようにしてみよう。

できるだけ、夜は安らかに眠りたいものだし。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon