らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

シルクのインナーウェアを洗濯ネットに入れて洗濯するよりも楽な方法があったのだった。


朝、ぼんやりと着がえていたら、インナーウェアとウォームウェアを二枚一緒に脱いでしまった。

その時に、ハタと気づいて目が覚めた。

いつも、こうすれば良かったんだ……。


これには、かなりマニアックな説明が必要だ。

自分の場合、冬の間、ルームウェアは、インナーウェアとウォームウェアの2枚重ねで過ごしている。


インナーウェアはシルク100%のものだ。

肌ざわりが良いのと、肌がかゆくなることがなくなったので愛用しているのだが、取り扱いがめんどうだ、と言う欠点がある。

(あと、値段も高い……。)


ほんとは手洗いなのだが、洗濯機を使う場合は洗濯ネットに入れて、と言うことになっている。

自分の場合、めんどうなので、どちらもやっていない。


どうするかというと、脱いだインナーを、同じく脱いだウォームウェアの中に入れて洗ってしまうのだ。

ウォームウェアを洗濯ネットの代わりにしているわけだ。

不精者のやり方だけど、これだけでも、シルクの消耗がずいぶんゆるやかになった。


で、ようやく最初に戻るんだけど、インナーを脱いで丸めてウォームウェアの中に入れるんなら、最初から、インナーとウォームウェアを一緒に脱いで、そのまま洗濯機に入れてしまえば良いのだ。

洗濯するときに、インナーを引っぱり出せば良い。

いっそ、そのまま干して、乾いたら、そのまま着ても良いのかもしれない。

さすがに、ずぼら過ぎるか……。


もう、春になって、そろそろウォームウェアをしまわなきゃと思っていた頃になって気づくなんて、ひと冬を無駄にしてしまったような気がする。

せめて、来年の冬は、一緒に脱いで洗濯することにしたいけど、一年たったら忘れてしまいそうな気もする……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。