らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【ヨーグルトメーカー】ヨーグルティアで肉料理。鶏もも肉とスコップハンバーグはクリア。


これまで、炊飯器調理の保温モードで作っていた肉料理を、ヨーグルティアでやってみている。

ヨーグルティアの容器は1リットル入る大きさなので、肉単品なら十分におさまる。

ただし、白菜鍋やキャベツ鍋のように、かさばる野菜と一緒なのは無理だけど。


最初は、塩麹漬けしてあった鶏もも肉をポリ袋に入れて、65℃、8時間にセットしてみた。

出来上がりは、ほろほろと崩れ落ちるような柔らかさだった。


炊飯器の保温モードよりは低温なのか?

保温モードって、結局、何度ぐらいなのかは、検索してもわからなかった。


続いて、新タマネギのスコップハンバーグ。

牛豚合い挽きのひき肉に味付けしておいて、1〜2日、放置したものを使った。

味付けは、ケチャップ、ウスターソース、とんかつソースがメイン。

隠し味に、塩麹、酢麹、甘酒、どぶろく

新タマネギと一緒にポリ袋に入れて、ヨーグルティアにセット。

同じく、65℃で、8時間。


ポリ袋に入れた分、水分が逃げないので、汁気が多いものができてしまった。

味も濃かったので、急遽、パックご飯をレンチンして、タコスライスもどきにして食べた。

キャベツのコールスローを添えたので、より美味し! に。

途中でトッピングした温泉卵もグッド。

ハンバーグに目玉焼きを乗せると美味いのと同じだ。


これはこれで十分に美味かったけど、スコップハンバーグの時はポリ袋に入れない方が良いかもしれない。

汁気が出るものは煮つめた方が美味いかも。

逆にキャベツのように、イマイチ水分が出ないものは、ポリ袋に in した方が良さそう。


炊飯器と違って、ヨーグルティアは、温度と時間を指定できるのが嬉しい。

微調整していけば、さらに美味しさがアップするかも。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。