らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【お金】2017年度、一年間の収支決算が出た。年収はいくらあれば良いのか?


今日から4月。

新年度だ。


去年の4月から、いったいどれぐらいの金を使っているのか、おおざっぱに把握することを始めた。

とりあえず、よく使う口座を一つ決めて、そこに、200万円を入れた。

その後、足りなそうになると追加していった。

結局、追加したのは、合計40万円だった。

一年間、240万円の予算でやりくりしたことになる。

口座には25万、サイフには5万残っている。

一年間の支出は、210万円てことだ。


この一年間、今までに比べたら、かなり節約生活を送った。

すっかり自炊生活にもなった。

自炊も、最初の頃はひと月に5万くらい使っていたけれど、この頃は25,000ぐらいだ。


スマホも、格安SIMに切り替えてから、ひと月に13,000円使っていたのが、5,000円ほどになった。


ただ、これ以上、切り詰められるかというと、難しい気がする。

「年収300万円」で有名になった経済評論家がいたけれど、世の中には、300万どころか、150万、100万円で生活している人がいて、その節約生活を本にしたりしている。

  • 新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫) | 森永 卓郎 |本 | 通販 | Amazon
  • 年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書) | イケダ ハヤト |本 | 通販 | Amazon
  • 年収100万円の豊かな節約生活術 | 山崎 寿人 | 暮らし・健康・子育て | Kindleストア | Amazon

  • でも、自分の場合、この一年間は引きこもり気味だったけれど、そろそろアクティブに動こうと思っている。

    たまには旅でもするとか。

    そうなると、当然、支出は増える。


    洗濯機や冷蔵庫などの大物家電も、ぼちぼち壊れそうな雰囲気だ。

    病気やケガでもすれば、50万ぐらいは軽く吹っ飛びそうだ。


    そんなことを考えてみると、一年間に250万円は欲しい、と思う。

    この250万円と言う数字は、意外なところで聞くことになる。

    イケダハヤトさんのブログを読んでいてたら、5,000万円を年利5%で運用すれば、年に250万円になる、と書いてあったのを読んで、ドキリとした。

    今まで、ふわふわと頼りなく生きていたけれど、急に現実を見せつけられたようで。

  • 「お金の不安」を解消するために、今日からあなたができること。 : まだ仮想通貨持ってないの?

  • 20代の頃から積み立て投資でもやっていたら、50代には5,000万円貯められて、毎年、250万円の利子で、贅沢とは無縁だけど気楽に生活できる、なんて未来もあったのかもしれない。

  • 【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。 : まだ仮想通貨持ってないの?

  • まあ、今さら言ってもしょうがないので、できることをやっていくしかないのだ。

    とりあえず、今後も節約生活は、無理しない範囲内でやっていこう。

    去年は、確定申告して還付金もゲットした。

    ふるさと納税も始めた。

    これからは、Amazonで買い物した時にポイントが付きやすいクレジットカードを作ろう。

    そして、確定拠出年金を始めよう。

    その次は、積立nisaだ。

    投資なんてガラじゃないけど、そのあたりまではたどり着こう、と考えている。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。