らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【食生活】魚の缶詰でどんぶりの朝食。5分で美味しで栄養のバランスもグッド。


一時期、一日ほぼ一食だったけれど、最近は、朝食を食べるようになった。

なぜか昼飯は食べてないけど。


きっかけは、職場の異動のようだ。

異動の発表があってから、いきなり、朝起きると腹が減っているパターンになった。

今までは、嫌な職場だったので食欲が無かったようだ。

そこまではっきりと自覚してたわけじゃなかったけど、ほんとに嫌だったんだなあ……。

まあ、パワハラな上司もいたし。


ともかく、朝食を食べるようになった。

メニューは、ワンパターンで、魚の缶詰のどんぶりだ。


ご飯は、ふるさと納税で取り寄せたパックご飯だったけど、完食してしまったので、ご飯を炊くようになった。


前日、晩ご飯を食べ終わった後、タイマーをセットしておく。

ちなみに、米も、ふるさと納税で取り寄せた無洗米だ。

とがなくて良いので楽だ。

昔の無洗米と違って味が落ちると言うことも無いし。


ご飯をどんぶりにあけて、タマネギの酢麹漬けを乗せて、魚の缶詰を乗せて、昆布の佃煮を乗せて、マヨネーズをかけ回して食べる。

魚の缶詰は、これまた、ふるさと納税でお取り寄せのツナ缶、鮭の中骨缶、鯖味噌缶に、通販で買ったイワシのオイルサーディンだ。

イワシのオイルサーディンは、今年分のふるさと納税でも取り寄せてしまった。


ご飯さえ炊いてあれば、準備に5分もかからない。 栄養のバランスも、炭水化物、たんぱく質、野菜、脂質と、そこそこ摂れているだろう。

何より、自分好みで美味いのである。


半分、食べ終わってから、ヨーグルティアで作った温泉卵をトッピングして、味に変化をつけたりする。

ちなみに、納豆は、口臭が気になるので、夜だけ食べている。


糖質制限が気になるけど、朝ぐらいは米のご飯を食べても良いだろう。

それに、あまり糖質制限をやり過ぎると、塩分過多や酒の飲み過ぎにつながると言う話もあるし、まあ、ユルくやっていこう、と思っている。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。