らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】通勤ウェアも衣替え。サイクルジャージ+レーサーパンツの「正装」で出勤


お彼岸も過ぎて、桜も咲いた。

3月なのに、なぜか夏日が続いている。

自転車通勤ウェアも、そろそろ衣替えだ。


冬の間の自転車通勤ウェアは、基本的に、室内着+アウターだった。

室内着は、シルクの五本指ソックス、シルクのインナーウェアにウォームウェアのチョモランマと言うかっこうだった。

その上に、MA-1タイプのウルトラライトダウンとフリースのパンツを重ね着していた。

厳冬期には、ヒートテックタートルネックをさらに2枚、重ね着していた。


わざわざ着がえなくても良いのがポイントだ。

いくらストーブの温度を上げても、冬の朝にインナーも脱いで着がえるのは、気分的に寒々しいものである。

ただでさえ、寒い中へ出て自転車をこぐのだ。

ハードルは低ければ低いほど良い。


ウルトラライトダウンは値引き品で買ったものを、ワンシーズン普段着にして、翌シーズン、自転車通勤用にするサイクル。

フリースのパンツも値引き品だ。

気楽に着倒せるのが良い。


このスタイルだと、ワンシーズンで、シルクのタイツが破れてしまうのが欠点。

どうしてもサドル周りは擦れてしまう。


衣替えした今は、サイクルジャージにレーサーパンツと言う「正装」で通勤している。

もう、フル着替えしてもストレスを感じない季節になったのだ。

通勤のために正装するのも大げさな気がするけど、やはり自転車用ウェアは、自転車に乗るときに最適なようにできている。

サイクルジャージは、前傾姿勢をしてもフィットしてるし、バックポケットも便利だ。

レーパンも擦れて破れたりすることはない。


ちょっといいレストランに行くときは、スーツを着ていた方が気後れしなくてすむ。

正装していると、ちょっと折り目正しく自転車に向かい合ってる気がする。

自転車用ウェアはカラフルなので、春気分も盛り上がるし。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
配信先: 日本初の自転車教則本、待望の文庫版を電子化! あなたは自転車の「正しい乗り方」を知っていますか。誰もが乗れる簡単な乗り物と思われている自転車ですが、乗り方次第で、体を壊す凶器になることもある...


自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
配信先: ベストセラー自転車教本、待望の続編! 日本初の教本、『自転車の教科書』が刊行され、多くの反響をいただきました。おかげさまで、著者の主催する教室は、連日の満員御礼。しかし、講義に訪れた方の多く...