らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

日常生活の隙間時間に握力を鍛える習慣を落としこんだら、トイレタイム(大)がルーティンになった。 #家事 #男子 #おひとりさま


大雪の日から二週間ーー。

この時、握力を鍛えないとな、と言う課題ができた。

スコップで雪かきしたら、一週間ぐらい、握力が元に戻らなかったのだ。


このため、スマホを落としたり、職場でノートパソコンを打つ時に違和感があったりした。

考えてみると、握力を鍛える機会なんて、日常生活には無かった。

このままだと、年を取ったときに大変だ。

せめて、スマホをイジれる程度の握力は維持し続けたい。

こんなわけで、握力を鍛えることにしたのである。


と言っても、あらたまって時間を取って鍛えようと言う考えは最初から無かった。

ハンドグリップのような道具を使うことも念頭にない。

どうせ、長続きしないからだ。

Amazon | La-VIE(ラヴィ) 握力強化 ハンドグリップ ヒーローズ 50kg 握力トレーニング | ラヴィ(La・VIE) | グリップ・リストトレーナー
商品情報、Q&A、レビューで回答を検索質問の投稿中にエラーが発生しました。もう一度試してください。有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿し...


股関節や肩甲骨や足首のストレッチに、体幹の筋肉を意識した姿勢や身体の使い方と同様、日常生活の隙間の時間にやることが望ましい。

それは、「がんばらなきゃ」といちいち思わなくても、できるような仕組みを作って日常生活に落としこまなければ長続きしない。

  • 努力とか、がんばるとか、意志を使わなくていい環境だけを作りこむようにしています。目標は歯磨き以下の労力。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

  • しばらくの試行錯誤の結果、トイレ(大)の最中に、握力トレーニングをすることにした。

    一日に、2〜3回であるから、回数的にもちょうどいい。

    下半身が自由にならないから、握力トレーニングぐらいしかできることもないし。

    ちなみに、立っていて、下半身が自由になるような状態だと、肩甲骨と股関節を連動したストレッチをやることになっている。


    やることはーー。

    ① 手のひらを開いて指をそらす。

    ② 指の第一関節だけ曲げる。

    ③ 拳を握りしめる。

    ④ グーパーと握ったり開いたりする。

    これだけである。


    指をそらすのはストレッチのようなもので、地味に気持ちいい。

    指の第一関節だけ曲げるのは、握力と言うよりは、指を自在に操るトレーニングだ。


    検索してみると、風呂に入ってる時にやるのがオススメのようだけど、自分の場合、シャワー生活中なのだった。

    このあたりはライフスタイルに合わせて、各自が工夫すれば良い。

    デスクワーク中や、自転車通勤中の信号待ちの時にやろうと試みたこともあったけど、回数が多すぎたり、きっかけがつかめなかったりして、トイレタイムに落ち着いた。

    これなら、長続きしそうである。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。