らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

イノシシ肉は硬かった……。狩猟の夢は完全に無くなった気がした。 # ジビエ # ふるさと納税 #家事 #男子 #おひとりさま


ふるさと納税で申し込んだイノシシの肉が届いた。

今回のふるさと納税は、12月に慌てて申しこんだので、保存が利く実用的な食べ物ばかりだったけれど、一つだけ、自分へのご褒美に、と頼んでみたのがイノシシの肉だった。


もともと、蕎麦屋で鴨汁蕎麦をよく注文したり、スーパーでラム肉を買ったりしていたので、ジビエには興味があった。

某バーガーチェーン店で鹿肉バーガーを食べたこともあった。

(あっさりしてたので、あまり記憶に残ってないけど)

イノシシの肉は初めてなので楽しみにしていたのだ。


送られてきたイノシシ肉は、味噌漬けとすき焼き用が、それぞれ400グラム。

とっつきやすそうな味噌漬けから食べることにした。

特に作り方については、レシピのようなものはなかった。

ともかく、普通にフライパンで焼いてみた。


いよいよ食べる。

味噌漬けだからか、特に獣くさいと言うことはなかった。

しかし、ーー。

とにかく硬い!

確かに味は美味い。

独特な脂身も凄かった。

無理矢理例えると、居酒屋でたまに見かける鯨ベーコンを厚切りにしたような。

しかし、とにかく硬くて噛み切れないのだった。

ナイフとフォークを使って、できるだけ小さく切って、ちびちびと口に入れ、新記録なぐらい何度も噛んだ。

はあ……。


入っていたチラシによると、どうしても当たり外れはあるようで、硬い肉に当たる可能性もやむを得ないようだった。

アウトドア苦手な「貧弱な坊や」には、ジビエはハードル高すぎたのかもしれない。

残念……。


昔、田舎へ移住しての自給自足の生活に憧れたことがあって、その流れで、狩猟やジビエにも興味があった。

山賊ダイアリー』や『ゴールデンカムイ』も好きだった。

もちろん、自給自足は、単なる憧れのままフェイドアウトしてしまったけど、今回、ジビエに歯が立たなかったことで、狩猟に関する夢は、完全に終わってしまったなあ、と言う実感があった。

少なくとも、地方へ移住はともかく、田舎へ移住して自然と共に生きるようなライフスタイルは、自分には無理だ、と悟った。

山賊ダイアリー(7) (イブニングコミックス) | 岡本健太郎 | 青年コミック | Kindleストア | Amazon
配信先: 雪にも負けず岡本は行く。獲って食うために。日本特産キジ科、出会いにくさから猟師にとってトロフィーのような獲物であるヤマドリを食す岡本。猟師になって早や2年。狩猟への複雑な思いはあれど、来期も...


ゴールデンカムイ 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 野田サトル | 青年コミック | Kindleストア | Amazon
配信先: 「羆に恋しちゃったら…入れ墨ごと喰われちまうだろうがッ!!」、羆に恋をした刺青囚人を救う(?)べく…杉元一行は、後を追う。刺青争奪戦。今度の相手は北の最強生物ヒ・グ・マ!!? 軍人囚人奇人変...


とりあえず、残りのイノシシ肉(すき焼き用)は、どうやって料理しようか。

ただ、焼いただけだと、同じ失敗を繰り返しそうだ。

久々に圧力鍋を持ち出して煮てみるか……。


あと、食べた後、妙に身体がほてった。

電気敷き毛布のスイッチを消したくらいだ。

ジビエ効果?


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。