らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

舌ブラシは二刀流。舌の奥は小さい舌ブラシだとオエッとならない。 #家事 #男子 #おひとりさま


舌ブラシを使うようになった。

たまたまドラッグストアで3本売ってたので、3本とも買った。

順番に使っていくつもりだったけど、どうせなら、と使い比べることにした。


そんなわけで、洗面所のコップには、舌ブラシが3本ならんでいる。

3本使い比べてみて、ベストワンを決めるつもりだったけど、思いがけない使い方をすることになった。


まず、「ブレスケア舌クリン」を舌の奥へ突っこむ。

舌の奥にへばりついてる舌カスを急いで掻き出す。

舌クリンの特徴は、ブラシではなく、ゴムの溝で掻き出すことと、もう一つは、サイズがとても小さいことだ。

Amazon | ブレスケア舌クリン 舌専用ブラシ 口臭の原因となる舌の汚れ除去 W機能(取り除きヘラ&かき出しブラシ) ふつう | ブレスケア | ビューティー
Amazon.co.jpが発送する商品の合計が¥ 2,000 (税込)以上になるとご購入いただけます あわせ買いプログラムにより、低価格帯の商品を幅広くご提供できるようになりました。Amazon.co...


このサイズが小さいことは、最初は、欠点だと思っていた。

舌ブラシしている途中で、舌カスがたまって、2〜3度、洗わないといけないからだった。

3本の内、これは、真っ先に使わなくなる、と思ってたぐらいだった。


けれども、何度か使ってるうちに、舌クリンの時は、舌ブラシをのど奥へ突っこんでも、あまり、オエッと、えずかずにすむことに気づいた。

たぶん、小さいサイズなのが良かったんだろう。

それに気づいてからは、まず、舌クリンを口の奥に突っこんで、なるべく舌の根本についてる舌カスを掻き出すようにして、次に、別の舌ブラシで、残りの部分の舌カスをブラッシングするようになった。


結局、舌ブラシは一回で2本使うことになる。

たかが舌ブラシを2本も使うのかって気にもなるけど、舌の根元の舌カスをほっとくと口臭の原因になりそうだ。

何より、舌クリンで奥をブラッシングするようになってからは、えずかずになったし、口の中もすっきりするようになった。


しばらくは、舌ブラシ二刀流が続きそうだ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。