らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

限界ハウス、ダメ家事男子。:天気予報の気温を見ながらウォームウェアを調整するのはゲームよりおもしろい⁈


昨日の月曜は冬に近づいた寒さだった。

家でも着始めていたけど、職場でもウォームウェアを着始めた。

去年よりは2〜3週間早い。

  • Amazon.co.jp: チョモランマ

  • 一年ぶりに着ると、さすがに着ぶくれした感があるけれど、鏡に映る姿は代わり映えしない。

    しかし、寒さは完全にシャットアウトしてる。

    周りの人が、「今日は寒いな」などと言ってるのを聞きながら、むしろ暑くて汗ばんでいたくらいだ。


    季節の変わり目は服の調節が難しい。

    だからこそ風邪をひきやすい。

    薄着だったり、汗をかいて放置したり。


    しばらくはウォームウェアを着たり着なかったり、途中で脱いだりすることになるだろう。

    去年の今頃は、朝と夕方着て、日中は脱いだりしてた記憶がある。

    けっこうマメに脱いだり着たりしてた。

    それは、季節の変わり目に、しょっちゅう風邪気味になっていたのがトラウマになってるからだけど……。


    去年は、シルクのアンダーウェアの上に、チョモランマをウォームウェアとして着るのが定番だった。

    今年は、それに加えて、ユニクロヒートテックを久々に試してみるつもりだ。


    もともと、防寒対策に取り組んだときは、ヒートテックからスタートした。

    身近な存在だったし、リーズナブルだったし、着たことのない人間には画期的に暖かかった。

    ただ、人並み以上に寒がりだったので、ヒートテックを2枚重ねで着たり、他のブランドのウォームウェアを試したりして試行錯誤するようになり、チョモランマに落ちついたわけだ。

    落ちいてからは、チョモランマの防寒力や毛玉がつきにくいところ、変な匂いがつきにくい消臭力など、なんの不満もなかった。


    ただ、一つだけ欠点があって、それは値段が高いことだった。

    いいものは高い。

    それはよくわかる。

    自転車通勤用のレインウェアでも同じことが言える。

    モンベルのレインウェアも、申し分の無いものなのだが、いかんせん高い。

    このまま死ぬまでチョモランマやモンベルのレインウェアを更新し続けるのは、かなり高くつきそうなのだった。


    満足のいく成果を出せたら、今度は安定した成果を出せるようにする。

    チョモランマを数セット買い足して、着回していくようになった。

    冬の寒さのストレスは解消されたと言って良い。

    そして、そろそろコストダウンに取り組んだ方が良い、と思うようになってきた。


    あと、自分自身も、数年の自転車通勤を経て、だんだん寒さに強くなってきた。

    ユニクロヒートテックも、しばらくご無沙汰してる間に「極暖」タイプを出した。

    職場でも、ウォームビズだかで、上着を着ることに理解を示すようになってきた。


    そんなこんなで、今日の火曜日は、ユニクロヒートテック極暖を試しているところだ。

    昨日は、最高気温12℃、最低気温10℃。

    今日の予報は、最高気温16℃、最低気温10℃。

    朝の寒さは昨日と同じだけど、日中は昨日より上がる見込み。

    ヒートテック極暖上下でどうなるか?

    今のところストレスは感じない。


    しばらくの間、季節の変わり目は、天気予報の気温をマメにチェックしてアンダーウェアとウォームウェアを調整していくことになる。

    めんどくさいが、風邪をひくよりマシだ。

    一定以上に寒くなってしまえば、こんなこともしなくて良くなる。

    まあ、一ヶ月くらいだろうか。

    ゲームだと思って、せいぜい楽しむことにしよう。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。