らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

限界ハウス、ダメ家事男子。:味つけがしょっぱかったら投入すべきもの。①生卵、②大根おろし、③トマトのみじん切り


休日の昼飯に肉を炊飯器調理しようと思ったけれど、あいにく炊飯器は甘酒を製作中だった。


三連休の真ん中ののんびりした一日だ。

たまにはフライパンで焼くことにした。

こないだ、ごまカツレツを作って美味かったし。


冷蔵庫から、塩麹漬けした肉を取り出す。

豚肉の生姜焼き用だった。

もう、二週間ほどたっただろうか。

さほど厚くない肉だったけれど、ぴったり固まってくっついていた。

このままほっとけば、ハムになるのかもしれない。


しかたなく、少しずつはがしていく。

フライパンにオリーブオイルをしいて肉を投入。

焼くのに時間はかからなかった。


冷凍ご飯もきらしていたので、久しぶりにサトウのごはんを電子レンジでチンする。

どんぶりによそって、フライパンの肉を乗せた。

焼き肉どんぶりのできあがりだ。

たいめいけんレシピもどきのキャベツのコールスローも添えた。


食べ始めてみると、ちょっとしょっぱい。

肉が薄いので、塩麹が染みこみすぎたようだ。


とりあえず、生卵を投入。

中和されて、ちょうど良くなった。

生卵で、どんぶりの一角を食べる。


次に、大根をすって、大根おろしを投入。

さらさらと、また、一角を食べる。


まだ、ご飯と肉は半分ほど残っている。

冷蔵庫をあさると、トマトが1個残っていた。

こないだ試してみた、トマトをみじん切りを投入した。

トマトからは、かなり水分も出たけど、一緒にどんぶりへ。

汁メシみたいになった。

なんとなく、トマトだとイタリアンな気になるから不思議だ。

大根おろしだと和風だけど。


しょっぱさは完全に消えた。

トマトの酸味がさわやかだ。

スーパーのトマトは味が薄いけど、こういう食べ方なら気にならない。

豚肉とトマトの汁メシをかきこんで終了。

デザートは豆乳ヨーグルトに熟してジャムになったような柿を入れて食べた。


フライパンや油を使うと洗い物をしなければならない。

これが、ちょっと、めんどうだ。

いつもみたいに、熱湯をかけて、キッチンペーパーでふくだけだと、汚れは落ちない。

洗剤をつけたスポンジで洗う。

ぬるりとした感触は、あいかわらず苦手だ。

まあ、美味いメシが食えた必要経費だと思うことにしよう。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。