らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

限界ハウス、ダメ家事男子。:雨の一週間で洗濯について考えた

お盆と梅雨

金曜日は、ほとんど雨が降らなかった。
久しぶりに気温も上がった。

おかげで、月曜日から干しっぱなしになっていた洗濯物がようやく乾いた。

まさか、お盆の時期に、こんなことになるとは思わなかった。
まるで、梅雨が今ごろ、やってきたような感じだ。

平日ローテーションのほころび

平日の職場用の服は5セット用意してあったので、何とかやりくりできた。

足りなくなったのは、アンダーウェアとタオルだった。
夏だし、もともと、汗っかきなので、予想より多く消費してしまったのだ。

どちらも、買い足しておこう。

平日の月曜日から金曜日まで、雨が降り続くことは滅多にないけど、「備え」があるとわかっていれば、気持ち的にも余裕がある。

洗濯ばさみハンガー

意外だったのは、洗濯ばさみハンガーが足りなくなったことだ。

ハンガーは8個、あと、タオルラックがある。
こんなにあって、どうすんだ? て感じだったけれど、それでも足りなくなった。

一週間分の洗濯物を干すには、あと2〜3個のハンガーを買い足す必要がありそうだ。

部活着洗いは標準になりそう

今回、もちろん部屋干しを余儀なくされたけど、臭い等で嫌な気分にはならなかった。

乾いた洗濯物からも嫌な臭いはしない。

「部活着洗い」は強力だ。
改めて、再認識した。

夏場で、ひんやりシーツの洗濯もあるせいか、消費量がハンパじゃないので、通販購入限度数の8個で追加注文した。
最寄りのスーパーかドラッグストアで気楽に買えると、ありがたいんだけれど。

部活着洗い 1.5kg

部活着洗い 1.5kg

洗濯AI化

雨の一週間が終わってから、ふと、将来的には、乾燥機が欲しいなあ、と思ってしまった。
もちろん、今は置き場所がないし、第一、経済的な余裕がない。

もし、乾燥機があれば、天気の心配をすることもなくなって、だいぶストレスも減るんだけれど。

あと、最近、全自動洗濯物たたみ機が発売されて話題になってる。
お値段は185万円!

将来的に、どれだけ値段が下がるか、だなあ。

現状、パーカーのような複雑な服をたたむのは無理らしいけど、インナーウェアとタオルをたたんでくれるけで、だいぶ楽になりそうだ。

ランドロイド | 大切な人に、次の自由を。
SCROLL詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る ランドロイドとのコラボレーションによるビジネスアイデアをお持ちの開発者の方へ。共に未来への一歩を踏み出しませんか。詳しく見る デベロッパー・プラン pa...

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。