らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

自転車通勤編:自転車ホームドクターを探せ!

とある自転車屋にお世話になってます。

普通のママチャリも扱ってるので、ショップというよりは自転車屋と言う言葉がぴったりです。

 

自転車通勤を始めた頃から通ってます。

ジテツウが長続きしてるのも、ロードバイクに乗り始めたのも、なんとかブルベをやれたのも、この店のサポートのおかげです。

 以前、オートバイに乗っていた頃は、馴染みのショップと信頼関係を築く、といったことはできませんでした。

そのせいか、オートバイは長続きせずに終わってます。

限定解除したくらいハマっていたんですが。

それだけに、相談にのってくれる自転車屋の存在はありがたいです。

 特に、メカ音痴の人にとって、「行きつけ」のショップの存在は必要不可欠でしょう。

ホームドクターみたいなものです。

 

チューブ、タイヤ、ライトなど、どのみち買わなければいけないものが色々あります。

装備をそろえがてら、あちこちのショップを覗いて、気が合いそうな店を探しましょう。

スマホで検索すれば、店の場所などはすぐにわかりますが、自分と相性がいいかどうかは実際に行ってみないとわかりません。

 

以前、店長が体調を崩している時、しかたなく別の店ヘ行ったことがあります。

常連らしき人がいて、人の自転車を断りもなく 舐め回すように見たあげく、指でハジいて材質を確かめたりされました。

とても不愉快でしたね。

「サークルやってて、よかったら」みたいなことを言ってましたが丁重に御辞退させていただきました。

 

店長が復活して店で再開した時は、ホームヘ帰ったような気分でしたね。

考えてみると、メカ駄目な人間にとって、メカニックがいないのは、ずっとアゥエーで戦ってるようなものかもしれません。

できれば、信頼できるショップを見つけてください。

 

案外、ネットで探すよりは、普段のジテツウの行き帰りで見かけた店がアタリだったりすると思いますよ。

わざわざ遠くにある有名店ヘ行くのも大変だし。

第一、気後れして入りにくいですしね。

 

ちなみに、自分も職場の近くで見つけました。

小さくてボロい(失礼!)普通の街の自転車屋でしたが、いつ見ても必ず客がいました。

(看板の文字が一つ取れてましたが、さすがに、その後、修理しました)

「自転車屋って、こんなに客が来るもんだったっけ」と興味を持ったのがきっかけです。

 

その後、店長が同い年ということもあって何度か通うようになり、すっかり自転車にハマってロードバイクやブルベヘと向かうことになりました。

 オートバイの頃と比べるとエラい違いです。

ぜひ、気の合う店を探してみてください。

気長に。

 

自転車通勤編プロフィール:  

自転車通勤(片道15㎞)7年目。  クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。  クルマを処分したので街乗りが増えそうです。  ブルベ参戦経験有り(SR取得)。  「やまめ乗り」修業中です。