らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

自転車通勤編:休日の住宅街は走るな! 無法地帯だ‼︎

いきなりですが、休日の朝の住宅街で、何度か死にそうになったことがあります。

 

ある時は、ガレージから飛び出してきたクルマにはねられそうになり。

また、ある時は、ウィンカーを出さずに曲がろうとしたクルマに引っかけられそうになり。

玄関から勢いよく出てきた子どもとぶつかりそうになったこともあります。

「気をつけろ!」と怒鳴りたいところでしたが、まあ、子どもに言ってもなあ、などとのんきなことを考えていたら、後から出てきた母親から、思い切り睨まれるありさま。

いったい、どっちが被害者なんだか……。

 

自宅から、川沿いのサイクリングロードへ向かうのには、新しくできた住宅街を通りぬけるのが近道だったけど、今は近寄らないようにしています。

特に、休みの日には。

 

この辺りのライダーは、土日なんかには、朝7時ごろ、川沿いに集合してロングライドに出かけるのが定番です。

7時過ぎると、出遅れた感じですね。

サイクリングロードも、幅が広がってきていて、けっこう走る人増えてるし。

 

いずれにせよ、自転車に乗るようになると、自転車通勤にしろ、オフのロングライドにしろ、割と朝早く出かけるようになります。

そんな時、住宅街だけは通らないようにしたいものです。

平和なイメージとはウラハラに、そこに住んでる人たちは、ご近所の目は必要以上に気にしても、通りすがりの人間のことなど、全く気にもとめません。

まだ、朝早いし、ご近所の誰も起きてないだろ、ぐらいしか頭にないのです。

 

できたばかりの住宅街は、なんだかんだ言っても道幅は広いし、曲がりやすいように設計されている。

もちろん舗装もまだきれいで、とても走りやすい。

ついつい走りたくなってしまうのですが……。

それでも、あくびをしながら運転するクルマにはねられたくはないですよね。

 

くれぐれも、休日の住宅街には近寄らないように!

 

あとがき

子どもとワンコとボールには敵いません。

あと、子連れの母親にも。

それにしても、いったいいつから自転車はこんなにも悪役になってしまったんでしょう。

何だか世間様に顔向けできない感じでさえありますねえ……。

 

自転車通勤編プロフィール:

自転車通勤(片道15㎞)7年目。

クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。

クルマを処分したので街乗りが増えそうです。

ブルベ参戦経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中です。