らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

#漫画

漫画【スケッチー】女子スケートボーダーのかっこよさを予言!

女子スケートボーダーの漫画を読んでいたら、オリンピックで金メダル! のニュースで驚いてしまった。 スケッチー(1) (ヤングマガジンコミックス) 作者:マキヒロチ 講談社 Amazon マンネリ生活を送るアラサーのアコ。 スケートボードに出会ってからは街…

【ねこと私とドイッチュラント】ベルリンでソーセージスナック「カリーヴルスト」を食べるのだ

ベルリン在住漫画家のトーコちゃんと相棒で猫のむぎくんのドイツ暮らし――。 ねこと私とドイッチュラント(1) (少年サンデーコミックススペシャル) 作者:ながらりょうこ 小学館 Amazon 猫のむぎくんは二本足で歩いて人間の言葉をしゃべる。 単行本は全ペー…

【きのう何食べた?⑱】自炊漫画からゲイカップル日常漫画、そしてシルバー漫画へ

シロさんもケンジもほどよく枯れてきた第18巻――。 きのう何食べた?(18) (モーニングコミックス) 作者:よしながふみ 講談社 Amazon このシリーズ、最初に読み始めた頃は、一か月の食費2万円台のリアル自炊漫画だった。 そのうちゲイカップルの日常生活漫…

【宇宙兄弟】から【MOONLIGHT MILE】そして【宇宙からの帰還】

理不尽な上司に頭突きをかましてしまった兄は、宇宙飛行士の弟の跡を追う! 宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス) 作者:小山宙哉 講談社 Amazon もじゃもじゃ頭でイマイチさえない兄の六太(ムッタ)。 シュッとしててモテそうで日本人で初めて月面に着陸…

【神様がうそをつく。】ネグレクト漫画3作。子どもだけで過ごす夏とネグレクトはコインの裏表

大人がいない、子どもたちだけで過ごす夏。 かっては黄金のような夏だったけれど、現在ではシャレにならない現実が押し寄せている――。 神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス) 作者:尾崎かおり 講談社 Amazon シングルマザーと二人暮らしの小学校6年…

【#離婚して車中泊になりました】漫画家もバンライフ、ノマドへ参入?!

離婚をきっかけに家を処分して車中泊を始めた漫画家のコミックエッセイ――。 #離婚して車中泊になりました (ソノラマ+コミックス) 作者:井上 いちろう 朝日新聞出版 Amazon ワンボックスで寝泊まりしながら気ままに放浪する、と聞くと楽しそうだが、それを…

【とつげきドイツぐらし!】意外と知られていないドイツ。日本とは相性良さそうなんだが。

ドイツ人男性と結婚して、ドイツ北部の港町ハンブルクで過ごす女性漫画家のコミックエッセイ――。 とつげきドイツぐらし! 作者:白乃 雪 KADOKAWA Amazon 最初、ドイツの、しかもハンブルク在住というのは意外に感じてしまった。 何と言うか堅実な選択と言う…

【ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論3】医療崩壊の「不都合な真実」?!

コロナ論も3冊目。 「コロナの『不都合な真実』をすべて暴く」が帯コピー。 ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 3 作者:小林 よしのり 扶桑社 Amazon 6月現在、ちょうど緊急事態宣言が解除されたころに読んだ。 と言っても、大騒ぎしているのはマスコミだけ…

【ざんこく探偵の生きもの事件簿】「ザリガニの鳴くところ」をおもしろいと思った人にぜひオススメの動物行動学マンガ!

オスのカマキリは交尾中にメスのカマキリに食べられてしまうというエピソードはよく知られている。 でも生物や動物の世界では、もっと残酷なことが普通に行われている。 でもそれは生物たちが一生懸命生きている証なのだ。 ざんこく探偵の生きもの事件簿 作…

【兎が二匹】毎日、自殺。そして自殺幇助。そんな二人の物語。ほか不老不死漫画4選。

不老不死者の哀しみは何度か漫画で描かれてきたけれど、痛々しいほどの切なさではこれが一番! 兎が二匹 1巻: バンチコミックス 作者:山うた 新潮社 Amazon 毎日自殺するけど不老不死で死ねないすずと、この世で唯一彼女を理解するサク――。愛する者がいても…

【ぱらのま】「残念なお姉さん」の旅鉄漫画、ではなくて、ブラタモリ的な「地理漫画」!

放浪癖のあるお姉さんが鉄道小旅行する漫画なのだが、路線バスの旅がいきなり混じってたりする。 かなりユルい。 けど、そのユルさがGood! 実は無料アプリで2巻まで読んだとこ。 単行本で一気読みするよりは合間合間にだらだらとスマホで読みたい漫画だ。 …

【初々しい二人がイチャイチャする漫画3選】「かわいいひと」ほか

初々しい二人が恥ずかしがりながら寄り添ってイチャイチャする。そんな漫画を読んで癒されたいと思ったら、こちらがオススメ――。 かわいいひと 1 (花とゆめコミックス) 作者:斎藤けん 白泉社 Amazon 主人公である花屋の花園くんは三白眼で怖い顔。 廊下で落…

【こども地政学】G7を理解したければ子どもに訊け!

今回のG7サミットでは「対中国」をはっきりと打ち出していて驚いた。 それほど中国に対する警戒感が世界中に広まっているわけだ。 でも、そもそも何で中国を警戒しなければならないのか、よく分かっていない人も多いかもしれない。 自分もそのクチ。 尖閣諸…

【一度きりの大泉の話】トキワ荘のような話だと思ってうっかり読んでしまった。読むのがシンドいのでオススメしません。漫画家の自伝よりは漫画家の作品を読もう!

トキワ荘の女性版かな~と気楽に読み始めたら、とんでもなくヘビーな話だった。 一度きりの大泉の話 作者:萩尾望都 河出書房新社 Amazon 萩尾望都さんと言えば、自分にとっては、漫画史に名を残す巨匠。 なんとなく伝説の話を聞くように読み始めたのが間違…

【東大教授が教える 日本史の大事なことだけ36の漫画でわかる本】あの有名人の意外な一面から歴史をひもとく

今回読んだのは日本史アラカルトの学習漫画――。 東大教授が教える 日本史の大事なことだけ36の漫画でわかる本 作者:堀田純司 講談社 Amazon 学習漫画と言ってもあなどれない。 日本史の常識がどんどん変わってきてるのは、教科書の内容が違ってきてること…

【空母いぶき】と朝日新聞の連載記事「台湾海峡 にらみ合う大国」

本日、2021年の6月6日、朝日新聞の朝刊に、中国が台湾に侵攻したら、て記事が掲載された。 シリーズ物なのでしばらく続くようだ。 残念ながらデジタル有料記事。 「にらみ合う大国」てキャッチコピーで、アメリカ VS 中国のニュアンス出してるけど、実際は中…

【薔薇はシュラバで生まれる】昭和時代の少女漫画の現場はこうだった!

今回は元アシスタントのコミックエッセイ。 作者は美内すずえさんや山岸凉子さんなど、漫画史に名を残すような巨匠のアシスタントをつとめた。 漫画家としてしばらく活動した後は引退して、20年ほど同人誌活動をしていたようだ。 薔薇はシュラバで生まれる―…

【おにぎり通信 ダメママ日記】男女逆転・育児に見えてくる男女格差。でも笑ってしまう……。※図書館で借りられる

奥さんは売れっ子の漫画家、旦那さんは専業主夫、大人しい長男に続いて、やんちゃな次男が生まれ……。 おにぎり通信〜ダメママ日記〜 1 (クイーンズコミックスDIGITAL) 作者:二ノ宮知子 集英社 Amazon 結婚もしていないのに、なぜか育児のコミックエッセイを…

【いつか中華屋でチャーハンを】町中華発! チェーン店では食べられない魔改造中華メニュー!! ※Web無料で読める

最近は外食しようとしてもチェーン店ばかりになってしまう。 新型コロナウイルスの影響で、個人商店はかなり苦しそうだ。 だからこそ頑張っている町の中華料理店、町中華は積極的に応援したい。 いつか中華屋でチャーハンを 【電子限定オールカラー版】 作者…

【エルメスの道】ブランドの歴史は世界史に通じる ※図書館で借りられる

ブランドといっても、エルメスほどになると、ブランドの歴史=世界史になってしまうのだ。 エルメスの道 (中公文庫―コミック版) 作者:竹宮 惠子 発売日: 2000/01/01 メディア: 文庫 エルメスどころか、ブランドもの全般に縁のない自分が、このマンガを読もう…

【銀河戦国群雄伝ライ】SFと戦国時代と三国志の良いとこ取り! 今ならKindle unlimited 読み放題で全巻無料!

懐かしいシリーズを読んだ。 銀河戦国群雄伝ライ 1 作者:真鍋譲治 発売日: 2018/05/30 メディア: Kindle版 途中までしか読んでいなかったことと、現在、Kindle unlimited 読み放題で全巻無料で読めるということもあって、最終巻まで一気読みした。 満足――。 …

【空母いぶき】尖閣諸島沖で日中激突! 展開にハラハラ、現実に起こったらとドキドキ

自衛隊と中国軍が尖閣諸島をめぐって激突! 空母いぶき(1) (ビッグコミックス) 作者:かわぐちかいじ,惠谷治 発売日: 2015/10/30 メディア: Kindle版 久しぶりに怖い漫画を読んだ。 と言ってもホラー漫画を読んだんじゃない。 戦争漫画、シミュレーション…

【登山コミックエッセイ13冊】鈴木みき作品一覧。登っても登らなくても山は楽しい!

自分では全く縁のない世界だからこそ、本や漫画で読みたくなってしまうジャンル、それが登山だ。 鈴木みきさんの場合、徹底して初心者目線で描いてくれるので、とっつきやすい。 山ガール向けのコミックエッセイだけど、自分のようなへなちょこ男子でも楽し…

「ザリガニの鳴くところ」のカイアと「風の谷のナウシカ」と「ピーター・ラビット」作者との意外な共通点?!

「ザリガニの鳴くところ」で一番魅力的なのは間違いなく主人公のカイアだ。 ザリガニの鳴くところ 作者:ディーリア・オーエンズ 発売日: 2020/03/05 メディア: Kindle版 カイアは「湿地の少女」で「野生の少女」。 小さな子供の頃から海に近い湿地に一人取り…

【相談役 島耕作】ついに上がり? 次は「町内会長 島耕作」?!

いよいよ島耕作シリーズも最終章か? 相談役 島耕作(1) (モーニングコミックス) 作者:弘兼憲史 発売日: 2020/03/23 メディア: Kindle版 会長を退いて、今度は相談役になった。 そもそも相談役ってのがよくわからないもので、顧問とどう違うんだろうと不…

漫画【BLUE GIANT SUPREME】圧倒的な練習量が圧倒的な音圧を産みだす

ジャズ漫画、セカンドシーズン――。 BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル) 作者:石塚真一 発売日: 2017/03/24 メディア: Kindle版 ついに、 ヨーロッパへ 進出した宮本大。 ドイツのミュンヘンに 到着したその日から さっそくサックスを吹…

【BLUE GIANT】このジャズ漫画を読むと、ジャズがつまらなく聴こえてしまう

jazzを超えた ジャズ漫画を読んだ。 BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス) 作者:石塚真一 発売日: 2013/12/04 メディア: Kindle版 なんだろう、この、音圧。 紙面から、 空気がビリビリと震えるのが 伝わってくる。 ジャズって、 バーか値段の高い蕎麦屋で …

漫画【孤高の人】原案の小説よりも作者の「漫画表現」にぶっ飛び!

久々に ぶっ飛んだ漫画を 読んだ。 物語や設定が ぶっ飛んでるんじゃなくて、 漫画表現が ぶっ飛んでいる。 孤高の人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:坂本眞一,鍋田吉郎,新田次郎 発売日: 2013/03/19 メディア: Kindle版 この漫画は 新田次郎の …

漫画【兵馬の旗】戊辰戦争裏面史。蝦夷共和国は日本初のデモクラシー?! 土方歳三ファンにもオススメ!

今回読んだ漫画はこちら――。 兵馬の旗(1) (ビッグコミックス) 作者:かわぐちかいじ,惠谷治 発売日: 2014/03/03 メディア: Kindle版 また、タイムスリップものなのか と思いながら読み始めた(笑)。 ごく普通の歴史ものでホッ。 最近、 作者のタイムスリ…

漫画【あした天気になあれ】松山選手のマスターズ優勝! 実は向太陽も目指していた?!

ゴルフの松山選手が 日本人で初めて メジャー大会を制覇した。 そのニュースで持ちきりだ。 自分の場合、 ゴルフには興味がないけれど、 漫画好きなので、 あるゴルフ漫画を思い出した。 あした天気になあれ (1) (講談社コミックス (742巻)) 作者:ちば てつ…