らくだのライフハック

【漫画で都市生活】生きづらくても栄誉ある孤立を選んだ人だけが楽しめる都市生活の魅力!

 

 

 

今回はファーストシーズンとも言うべき計27冊と、最新シリーズの計7冊を一気読みした。こちらは最新シリーズ――。

 

Papa told me Cocohana ver.1 ~丘は花でいっぱい~ (マーガレットコミックス)
 

 

最初の第1巻が発売されたのがもう30年も前になることに驚き、今なお描き続けられていることに驚いた。

 


テーマは一貫している。

 

都会のマンションで暮らしている父子家庭を軸に、お一人さまキャリアウーマン、子どもができない主婦、イジメにあってる子ども、一人暮らしのお年寄り、LGBTの人など、世間の普通とはちょっとだけずれてしまった、それ故に生きづらい人達が登場する。


この人たちは世間から見ると孤独な人生をおくってるように思われてるけど、本人達は「栄誉ある孤立」を選び、潔く、そして意外と楽しく生活している。

 

かわいそうなコ?
その本当の意味は
「かわいそうであって欲しい」コよ
「かわいそうであるべき」コ

かわいそうじゃないコと
つまり自分の子供と区別するために必要ってわけ


悪意はそんな風に私達を縛るの
素朴で優しい人たちの「罪の無い」悪意はいっそう強く

 

 


敵となるのは、ごく普通の人の、あくまで善意なので根は深い。目の前の敵を倒せばそれで済むわけでもない。華麗にスルーしてやり過ごすしかないのだ。

 

 

もう一つ、この物語で印象的なのは都市生活の鮮やかさだ。


都会には自然がない。食べ物もまずい。人間関係も希薄だ。人の住むところじゃない。都市生活はそんな風に言われ続けてきた。


でも新しいビルができれば、必ずエアポケットのような小さな公園ができるし、公園の緑は専門家が管理して季節ごとに都市生活者の目を楽しませる。


自分しか客がいないんじゃないかと思う不思議な店、意外な掘り出し物が見つかるフリーマーケット、時間が止まったような古本屋・古道具屋、テイクアウトが美味しい中華、などなど。

 


この漫画を読んでると、都市生活が実に楽しそうに魅力的に見えてくる。


特に、爽やかな季節にマンションのベランダで食事をしたりお茶をしたりするのに憧れた。自分の経済力ではとても無理な話だが……。


将来、都会のマンション暮らしは無理としても、団地暮らしをしてみようかな、などと思っていたけれど、この物語を読んで、気持ちが加速した感じだ。

 

 

 

最後に――。

 

この物語はシリーズとシリーズの間にも4冊ほどあって、セレクションかと思って読まなかったけど、どうもそうでは無かったようだ。

 

まだ、あと、4冊、楽しめる。

 

 

 

【漫画化計画】

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

主な対象は以下の通りです。
・日常生活での出来事
・ニュース(政治・経済)
・世界史
・日本史

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。


【プロフィール】

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

・物より面倒を減らすミニマリスト
・食事はMEC食、糖質制限、高脂質
・服は制服化済み
・住まいは断捨離中
・片道1時間の自転車通勤継続中
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ
・マンガと歴史好き

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
・耳活(Kindle読み上げ)
Excel自動化
・漫画化計画
(エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)
・徒歩通勤

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・積み立て投資