らくだのライフハック

【漫画で世界史】ヴァイキングとイギリス史の意外な関係!

 

 


バイキングの物語ということで、海での戦闘ものだと思っていたけれど、ちょっと違っていた。


主人公のトルフィンは、実在の人物をモデルにしたようだが、戦のない平和な国を作ろうとして北アメリカへ開拓に行った。


なんで平和な国を作ろうとしたかというと、後に絶望するほどに、どっぷりと戦にはまって父の敵の復讐に燃えていたけれど、果たせず目標を見失ってしまったからだ。


それではるか西にあるという平和の地、ヴィンランド(草原の地)をめざす。

 


今回は21巻までを一気読みしたが、ヴィンランドを目指す旅に出たものの、途中に、昔のしがらみに巻きこまれてなかなか旅が進まないところだ。

 

 


さて印象に残ったのは、旅に出る前に主人公やバイキングたちがイギリスで暴れ回っていた頃の話だ。


バイキングと言えばイコール北欧だけど、むしろバイキングたちがイギリスに侵入していく話だと受け止めた。

 


どうもイギリスと言うと日本と同じ島国なので、日本と同じように考えやすい。でもイギリスをイギリスと呼ぶのは日本だけのようで、実際はグレートブリテン連合王国、つまりいくつかの国の寄せ集めだ。アメリカ合衆国を USA というように、イギリスのことは UK と呼ぶのが世界的には普通らしい。

 

元々イギリス本島に住んでいた、アメリカで言えば、ネイティブアメリカンみたいな民がウェールズ。このウェールズゲルマン人の大移動で西に追いやられた。


侵入してきたゲルマン人アングロサクソン人。これがイングランドになっていく。


時代が下がってバイキング達、今のデンマークになるデーン人たちがイングランドに侵入して北海帝国を作ったりする。このリーダーがクヌート一世。「ヴィンランド・サガ」でも重要人物として登場する。7巻で表紙になってるこの人――。

 

 

 

戦うことだけが絶対の価値観で、勇敢に戦って死ねばヴァルハラへ行けて、またさらに思う存分戦い続けることができる。何事も生み出すこともなく、ひたすら戦いに明け暮れる。そんなバイキングたちの生態も面白かったけれど、自分の場合、どちらかといえばイギリスがどんな風に出来上がっていくのかという感じで、こちらの方が印象深かった。

 

 

最近ではあまり聞かなくなったけれど、以前はイギリス国内でしょっちゅうテロ事件が起きていたし、テロ事件のことをあまり聞かなくなってからは、フーリガンが小競り合いを起こすようになったし、最近では EU から離脱するしないで揉めている。いつまでたっても解決しそうにない。サッカーやラグビーのワールドカップだって、イングランドスコットランドアイルランドなど単独のチームで出場してくる。

 

なんでこんなにまとまりがないんだろう?


不思議でしょうがなかったけれど「ヴィンランド・サガ」を読んでからは、なんとなく納得できるような気がしてきたのである。

 

 

ほぼ一つの島国でほとんど単一民族できた日本とは違って、何度か異民族の侵攻があった連合王国ではなかなかまとまるのは難しかろう。


ここにカソリックプロテスタントイギリス国教会など宗教がからんでくると、もはやまとまる話もまとまらないという感じだ。

 

 

そんなわけで「ヴィンランド・サガ」を読んで、なぜかイギリスを身近に感じるようになった。これからはイギリスの歴史ものも読んでいこうと思っている。

 

 

 

なんだか堅苦しい話になってしまったかもしれないけれど、「戦いこそ我が人生」な魅力的なバイキング=ベルセルクも登場するし、戦闘シーンは迫力のあるものばかり。「のっぽのトルケル」が実在の人物だったとは驚いたなぁ。後ろに立ってる人です――。

 

 

 

【漫画化計画】

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

主な対象は以下の通りです。
・日常生活での出来事
・ニュース(政治・経済)
・世界史
・日本史

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。


【プロフィール】

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

・物より面倒を減らすミニマリスト
・食事はMEC食、糖質制限、高脂質
・服は制服化済み
・住まいは断捨離中
・片道1時間の自転車通勤継続中
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ
・マンガと歴史好き

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
・耳活(Kindle読み上げ)
Excel自動化
・漫画化計画
(エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)
・徒歩通勤

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・積み立て投資