らくだのライフハック

【漫画でチェーザレ・ボルジア】「優雅なる冷酷」以前、中世イタリアキャンパスライフ! 「チェーザレ 破壊の創造者」


世界史方面を攻め始めてしばらく経ったけど、ついにと言うかようやくと言うかチェーザレボルジアにたどり着いた。もちろん漫画で。

 

チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

 

 

 

チェーザレボルジアといえばなんといってもコレでしょう。

 

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)

 

 


でも、随分前に読もうとしたんだけど、あっさり挫折しちゃったんだよね。なんか難しかったし。日本の戦国ものと違って権謀術数ばっかりだったし。チェーザレのどこが織田信長に似てるんだよと憎まれ口を叩いて読むのをやめちゃったんでした。

 


で久しぶりにリベンジだ。漫画で。今回は今出てるやつの半分ぐらいまで読んだ。

 

 


やっぱり織田信長には全然似てない気がする。イタリア統一とか言っても、権力者の父親の下で動き回ってるぐらいにしか見えない。そのうち戦闘シーンとか出てくれば違ってくるんだろうか。

 

 

それよりは中世でのイタリアのキャンパスライフが面白かった。


あちこちから生徒は集まっていて、出身国ごとに派閥ができていたり、派閥同士で仲が悪かったり、血の気の多いやつは喧嘩したり、ディベートみたいな事やってたり……。


マッケローニって言うパスタの源流みたいな料理が出てたりしてたなぁ。

 

半クライマックス? は騎馬戦による模擬戦。刃物こそ使わないけれど、たまに死人が出るという荒っぽいスポーツフェスティバルだ。う~ん、騎士道!

 

 

この漫画は強力な監修者がついており、時代考証にはかなり力を入れている。巻末には、中世の街並みを復元して絵に起こすまでの苦労がつづられている。ほんっと大変そう。


「百聞は一絵にしかず」と作者が言うのはもっともな話で、なにしろ文章だったら適当に雰囲気でごまかせるけど、絵に起こすには、かなり具体的な細かいことまで実体を把握してないと駄目なのだった。

 


そんなわけで、チェーザレボルジア本人はともかくとして中世イタリアキャンパスライフとして楽しく読んだ。「優雅なる冷酷」になるかどうかは今後のお楽しみだ。

 

 

オマケでキャンパスライフつながりの作品をいくつか――。


アメリカンカレッジのキャンパスライフを知ったのはこの作品で。コロンビア大学がモデルだったかな。

 

 

試験でテンパった学生のピザの投げ合いが面白かった。アメリカの大学って試験が厳しいらしいしね。

 


イスラムの女の子がアメリカに留学するとこんな感じ。

 

サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

 

 


日本の大学でも美術系って異世界だったな。

 

ハチミツとクローバー 1

ハチミツとクローバー 1

 

 

モディリアーニにお願い 1 (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)

モディリアーニにお願い 1 (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資