らくだのライフハック

【漫画で日本史】ヤンチャ信長の意外な青春編! 「信長の忍び外伝 尾張統一記」

 

今回読んでみたのはこちら。

 

信長の忍び」の外伝。若き織田信長尾張を統一するまでの、いわば青春版だ。

 

 

 

意外だったのは織田信長尾張を統一するまでに、十数年もかかっていたことだった。そんなに手間取ってたんだ~。

 

なんとなく、織田信長の人生を振り返ると、桶狭間の奇襲で今川義元を破ったあたりから始まるような感じだったので、ここに至るまでに十数年の月日があったことは、あんまり記憶に残ってなかった。

 

 

まあ確かに敵が多かった。多すぎた。


もともと尾張には守護がいて、その下に守護代がいて、信長の織田家はその家来だった。下克上も大変だ。


おまけに実の母に疎まれ、兄からも弟からも跡継ぎを狙われた。


信長は若い頃からうつけ者で通っていたので、家来衆にもよく思っていない者は多かった。


ほんと辺り四面楚歌である。

 


まぁ、尾張一国内敵だらけだけの状態で小競り合いを、ひたすらトライアル&エラーを繰り返すことによって、自分だけのノウハウをストックし独自の反射神経を磨いていったのだろう。


実際、尾張を統一して天下に打って出てからも、四面楚歌の状態は、ほとんど変わらなかったんだから。

 

 

その一方で意外だったのは、敵が多いばかりではなくて、意外と味方も多かったことだ。

 

父親や舅の斎藤道三、過労(←音声入力間違い。でも当たってる)の平手政秀あたりは知っていたけれど、沢彦宗恩がクローズアップされてるのは初めてだった。

 

「岐阜」と名付けた人と聞けば、「ああ」て感じだけど、「信長」や「天下布武」もこの人の命名らしい。

 

沢彦ひょっとして命名好き? by信長


命名マニアなのはともかく、師匠にも恵まれていたわけだ。

 

唯我独尊の人でも無かったようだ。

 

 

その他の意外。


若い頃の信長はかなりヤンチャしてたようで、斎藤義龍との戦いの時は大将自らしんがりをつとめたり、弟が差し向けた軍勢と戦ったときは、大将同士の一騎打ちまでやらかしている。


後年、越前遠征の際、浅井長政に裏切られたと知ったとき、豊臣秀吉明智光秀徳川家康まで置き去りにしてまっしぐらに逃げ去ったことと思い合わせると興味深い。


そういえば、奇襲攻撃も桶狭間の一度きりだったようだ。

 


なかなか面白かった青春時代の信長。

 

司馬遼太郎先生のと読み合わせると、なおGood! これは、斎藤道三明智光秀織田信長の3人が主人公。明智光秀大河ドラマにもなるし、ちょうど良い。

 

国盗り物語(一) (新潮文庫)

国盗り物語(一) (新潮文庫)

 

 

 

さて、次はいよいよ天下統一編を読んでいこう。

 

 


なんか、こんなのもあった。たぶん、おバカ漫画。作者、多彩な人だ。

 

戦国雀王のぶながさん (ジェッツコミックス)

戦国雀王のぶながさん (ジェッツコミックス)

 

 


他にも真田一族や黒田官兵衛伊達政宗ものも描いている。「真田魂」はもう読んだ。他2シリーズも順次読んでいこう。

 

真田魂 1 (ジェッツコミックス)

真田魂 1 (ジェッツコミックス)

 

 

軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)

軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)

 

 

 

政宗さまと景綱くん 1 (SPコミックス)

政宗さまと景綱くん 1 (SPコミックス)

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資