らくだのライフハック

【漫画で日本史】寝返り過ぎ人質達人過ぎな真田一族! 「真田魂」


今回読んでみたのがこちら。ちょっと珍しい4コマ形式での歴史漫画だ。

 

真田魂 1 (ジェッツコミックス)

真田魂 1 (ジェッツコミックス)

 

 

 

大河ドラマにもなってすっかり有名になった真田一族。結果的に真田幸村こと信繁が大阪の合戦で有名になったけど、信濃の国のごく一部の小さな土地を守るために激しい戦いを繰り広げていた。

 


それにしても、真田が持っていた土地を改めて地図で見せてくれたのだが、極端に東西に細長くなっていた。あっさり分断されそうだ。ただでさえ周りは強敵たちに囲まれているというのに。

 


第1巻では英雄武田信玄に仕えて、二代目の武田勝頼が武田家を滅ぼすまでを描いている。


印象に残ってるのは長篠の戦いのエピソード。実は武田方でも鉄砲を用意していたとは知らなかった。


ただ絶対的な量が織田方より劣っていた。


鉄砲の弾も鉛で出来ているものが望ましかったけれど、重たい鉄の弾しか用意できず飛距離が伸びなかったそうだ。


火薬も十分な量がなかったので、ろくに練習できなかったと言う。


確かに鉄砲なんていきなり使えるものでもない。十分に練習しなければならず、そのための火薬や鉄砲の弾も必要になるわけだ。練習のことまで考えたことなかったなぁ。

 

 

そして第2巻では、武田家が滅びた後の、真田家の寝返りの連続がつづられる。

 

真田魂 2 (ヤングアニマルコミックス)

真田魂 2 (ヤングアニマルコミックス)

 

 


織田→北条→徳川→上杉。いくら何でもやり過ぎ。

 

ひとつ寝返るもふたつ寝返るも同じかなー
なんか楽しく、なってきました

 


そして、信繁の人質生活も転々とする。徳川家康にも負けないくらいの忍耐っぷりだ。

 

わかりました
上杉家に行きます
織田家 木曾家を渡り歩いた「人質の達人」の私にお任せを!

 

やな達人に、なっちゃったなー

 

 

以前、池波正太郎さんの「真田太平記」を読んだことがあるけれど、この辺りのことはあまり詳しくは書かれていなかった気がする。

 

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

 

 

きっと池波さんは真田家の良い面を書こうとして、寝返りや人質のことはソフトに書いておいて、その間は忍者バトルを全面に押し出していたのだろう。

 


「真田魂」のように後発の歴史ものは、先に有名な作品があると、違う視点から書こうとしたり、前作には載ってなかった知識を加えようとしてくれる。

 


併せて読もう!

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資