らくだのライフハック

【漫画で世界史】不思議の国のアレクサンドロス大王!


今回読んでみたのはこちら。

 

アレクサンダー大王 ー天上の王国ー 1 (フラワーコミックスアルファ)
 

 

 

上杉謙信つながりで、アレクサンドロス大王ものを読んでいる。いや逆だ。元々アレクサンドロス大王ものを読んでいて、日本で似たような人を探していて上杉謙信にたどり着いたのだった。

 

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)

 

 

 

ともかくアレクサンドロス大王。名称がまちまちだけど、「アレクサンドロス大王」でとりあえず統一してしまう。

 

 

アレクサンドロス大王に対する最大の疑問は二つ。

 

一つは、何でまた地中海はマケドニアからインドくんだりまでわざわざ遠征に行ったのか?

 

二つ目は、何でまた部下たちはそれに唯々諾々と従ったのか。

 

この二つだ。

 


もっとも部下達は、さすがにインドの内陸部まで攻めることを嫌がってストライキを起こしたので、さすがのアレクサンドロス大王も諦めたようだが。インド、暑いしね。

 

 

さて、この漫画は2巻まで読んだけど、アレクサンドロス大王の親友のヘファイスティオンの立場から描れている。

 

 


物語では、ヘファイスティオンは人の心を読むことができる超能力者という設定になっている。アレクサンドロス大王はそのことを知り、気味悪く思うどころか、むしろヘファイスティオンを近づける。こうして二人は親友になる。

 


そして、アレクサンドロス大王も、本人は自覚していないが、一種の超能力を持っていた。自分の強い衝動を周りの人間に伝染させるというものだ。この能力をもって人々を戦に駆り立てていたわけだ。

 


これらはもちろん漫画ならではのフィクションだけど、どうしてこのようなフィクションが生まれてきたのかと考えると、なかなかに興味深い。

 

超能力者とでも考えないと、アレクサンドロス大王のカリスマやヘファイスティオンがアレクサンドロス大王の親友たり得たかを説明するのが難しいからだろう。

 

 

同じアレクサンドロス大王ものでも、こちらはより史実に近い。アレクサンドロス大王のカリスマは、彼の雄弁術によるものが大きいという解釈をしていた。

 

 


このマンガでは、あとがきでも面白いことを書いていて、アレクサンドロス大王は世界を征服したと言うけれど、その征服した範囲を見ると、アレクサンドロス大王の以前、ペルシャ民族が征服した版図とほとんど変わらない、と言うのだ。


確かに征服した範囲の地図を見比べてみると、ほとんど同じだ。何でペルシャの業績が不当に過小評価されているのか、よくわからない。

 

でもアレクサンドロス大王にしてみれば、ペルシャがやったことを俺にできないはずはない、と突っ走ったのかもしれないなぁ。


Amazon読み放題サービスに加入している人なら0円で読める。

 

 

アレクサンドロス大王については、漫画だけではなく本も買ってみた。Kindle 読み上げで聞く。

 

 

 

結局、アレクサンドロス大王がどういう人間だったのかは、この本を読んでもスッキリとはよくわからなかった。


でも、分からないのは無理もない、と言う諦めに近い心境にはなれた。

 

だって30代前半で死んじゃったんだよ。若くて戦が強くてカリスマがあった。30代前半ならそれだけでもう十分過ぎる。

 

長生きしたら内政でも力を発揮したり、老練な政治家になったかもしれないけどね。

 


あとわかったのは父親がなかなかの優れもので、アレクサンドロス大王は父親の路線を進んだともいえるのかもしれないということだった。

 

織田信長とちょっと似てる気がする。

 

この辺りはむしろこちらのシリーズに詳しい。まだ読んでない最新刊が出ていたので読んでみよう。そろそろ父親が暗殺される頃かな。

 

ヒストリエ(11) (アフタヌーンKC)

ヒストリエ(11) (アフタヌーンKC)

 

 


アレクサンドロス大王ものはまだまだしばらくは読み続けそうだ。

 

 

それにしても、荒俣宏さんのアレクサンドロス大王もの、Kindle書籍化してくれないかな……。

 

幻想皇帝―アレクサンドロス戦記 (1) (ハルキ文庫)
 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資