らくだのライフハック

【耳活】新書195ページを2日間の隙間時間で努力せずに読了。

正直言って自分でも驚いている。

 

2日間の隙間の時間を使って、AirPodsiPhoneのKindl読み上げ機能を使って、新書1冊を簡単に読んでしまったのだ。

 

読んだのは次の本。

 

この本の情報を見ると、195ページで、読み終えるまでの平均時間は2時間31分となっている。

 

文章は凄く聞きやすかった。表が少なかったのも良かったかもしれない。表があるとKindleの読み上げ機能はストップしてしまう。

 

 

これまでは読書の時間がなかなかとれないのが悩みだった。平日、家に帰ってからの自由時間はせいぜい1時間から2時間ぐらいだ。

 

ついつい、スマホの無料の漫画アプリで漫画を読んだり、Twitterを覗いたりしてしまうことが多かった。

 

図書館で本を借りてきても、休日に1冊読むのが精一杯で読まずに返してしまうことも多かった。

 

それなのに、ただ隙間の時間にぼーっと聞いているだけで新書を1冊読めてしまったのだ。

 

今後の人生で、これを繰り返していけばいったいどれぐらいの本を読むことができるだろうか。正確には耳で聞いてるわけだけど。

 

ちょっと残念なのは、iPhoneにせよ、Pixelのトークバック読み上げ機能にせよ、いまいち不安定なことだ。

 

いきなり読み上げが止まってしまったり、次のページに行かずに同じページを繰り返してしまったり。うまくいくときはずっと読み続けてくれるんだけど。

 

何してもこれからはたくさんの本が読める、聞けるぞ!