らくだのライフハック

【MEC食】ビタミンCとビタミンDとラード・牛脂でマイナーチェンジ!


MEC食と発酵食品の二刀流の食生活だったけど、これからはMEC食寄り、糖質制限寄りへ傾いていきそう。


もともと、発酵食品を食べるようになってから、花粉症や体調が良くなったような気がして続けるようになり、その後、肉・卵・チーズのMEC食を知って、並行して実施するようになった。


けれども、自分の場合、どうも、MEC食・糖質制限の方が効果が大きいようだ。これは、自分の身体で実感できるレベルに達した。


MEC食へと集約化が進み、糖質制限がレベルアップしたら、明らかに体調は良くなってきた。


疲れにくくなってきたし、ヒゲ剃りの時に妙に肌がツルツルしてることに気づいたり、今年は花粉症の症状も軽い。


すぐさま、発酵食品を全部やめるとまでは思わないけど、とりあえず、自家製の豆乳ヨーグルトと甘酒はフェイドアウトしていくつもりだ。


実を言うと、野菜や果物はほとんど食べなくなっている。それでも特に問題は無さそう。便秘になることも無く、肌荒れを起こすわけでも無し。まあ、近々、人間ドックを受けてから結論を出すつもりだけど、ドックの日までは、野菜・果物なしで過ごしてみようと思う。


この野菜・果物抜き、子どもの頃から、「野菜さえ食べていれば何とかなる」的な野菜信仰を刷り込まれてきたので、最初はとても勇気がいったけど、1〜2日、やってみたら、後は何の違和感も無しにスルッと続いてしまった。これには本人も驚いている。


基本、発酵食品は自家製の塩麹や酢麹、スーパーで買った味噌など、調味料だけにして、後は、肉・卵・チーズへと集約化していこうと考えている。


ふるさと納税で取り寄せた、梅干しとフリーズドライの納豆もフェイドアウトかなぁ……。


その代わりと言っては何だけど、MEC食にマイナーチェンジを少々加え始めた。


一つは、ビタミンC。


Twitterを見てると、糖質制限とダブルでメガビタミンに取り組んでいる人が多いようなのだ。肉・卵・チーズのMEC食だと、確かに、ビタミンCは大丈夫か? と不安はつきまとうので、取り入れることにした。

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)


ただ、サプリを飲むのは抵抗があるので、もっとユルいやり方でーー。


まず、職場に持ち込んで一日ちびだら飲みするアイスコーヒーをやめて、抹茶にすることにした。お茶でビタミンCを摂ろうと。


抹茶は、早い話がインスタントなので簡単で良い。


それに、ビタミンCは3時間おきに摂らないとあまり意味が無いそうなので、ちびだら飲みにちょうど良い。


あとは、海苔。意外だけれど、海苔もビタミンCを多く含む食品のようだ。自己流で、味噌汁代わりに発酵スープを作って飲んでるけど、これに入れて飲むことにした。


ビタミンCと言えば、普通は野菜や果物なんだけど、皮をむいたり、生ゴミを処分したりが面倒なので、キクラゲや海苔のような乾物で対処してみることにした。


もう一つは、ビタミンD


花粉症に効くらしいと聞いた。ビタミンDを多く含む食品の一覧を見たけれど、意外なところで「キクラゲ」が載っていたので採用。


これまた、発酵スープに一つまみ入れて食べている。


最後に、ラードまたは牛脂。ラードはMEC食の渡辺先生が、牛脂は金森式ダイエットの金森先生がプッシュしてるようだ。

金森重樹氏に聞く!脂を食べる金森式高脂質食ダイエットの極意とやり方 | 不動産の学校
最近話題になることの多い「高脂質食ダイエット」。極限まで糖質を絶つ代わりに油脂はたっぷり摂るという、これまでの常識を打ち破るダイエット法で、金森さん自身が2ヶ月で25キロ痩せに成功。牛脂を食べることか...


とりあえず、スーパーで無料で貰える牛脂を発酵スープに入れて飲んでみた。味は悪くない。ただ、タダで配るようなものなので粗悪品ではないか? と言う疑いがある。そのうち、ちゃんと売ってるものを買おうと考えている。


ラードはスーパーで売ってるのをようやく見つけた。こちらは、これから試してみるつもり。


MEC食の集約化と同時に、マイナーチェンジも同時進行でーー。美味くて、栄養のバランスがとれていて、簡単に作れて、安い。そんな食生活を・今後も追求していくつもりだ。


食生活が充実してるだけで、ずいぶんストレスが減ってる気がするしーー。


MEC 食についてはこちら 

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる

「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる