らくだのライフハック

今年の冬と、来年の冬に向けてーー。「もう、冬は克服した」宣言! でも、風邪ひいちゃったけど。。。



自分の中では、花粉症シーズンになると、1年で一番寒い時期が終わった。そして、自転車通勤中に川沿いのサイクリングロードを走るとき、菜の花が咲くようになったら「春、認定」だ。


今年の冬もいつの間にか終わって、今は花粉症のことで頭が一杯だ。5月の連休までずっと花粉症シーズンなので、今、ここで、今年の冬について振り返ってみようと思う。そして、来年の冬に向けての課題を考えようーー。


今年の冬、痛恨の出来事は、久しぶりに風邪を引いてしまったことだった。季節の変わり目なので、秋だったかな? 何となく冬の反省として、真っ先に浮かんだ。


まあ、とにかく風邪を引いた。具合が悪くて仕事を早退したのは何年ぶりだろう……。


原因は、はっきりしていて、薄着だったせいだ。今年の冬は、早めにストーブを出して、去年までやっていたような変な痩せ我慢はしないで、寒さによるストレスが少しでもたまらないように配慮してきた。


この方針は、今でも間違っていない、と思う。おかげで、例年の冬よりはストレスフリーで過ごすことが出来た。


ただ、うかつだったのは、暖かかったので、部屋の中では薄着で過ごしてしまい、その薄着のまま外出してしまったことだった。季節の変わり目に、これはマズかった。来年のために、このことは、よく覚えておこう。


暖房器具はフル活用した。部屋の中の、オイルヒーター、電気敷き毛布、脱衣所・浴室の縦型電気ストーブ、駐輪場トランクのガスヒーター。おかげでスムーズに冬を通過できた。特に、駐輪場トランクのガスヒーターは、今年はケチケチせずに使って正解だった。


着るものも、落ち着いてきた。今年の試みと言えば、ユニクロヒートテックで、通常、極暖、超極暖と使い分けてみたことぐらいだ。そして、十分に機能した。


厳冬期は、アウトドアメーカーのウォームウェアを試したりしたこともあったけど、これからはヒートテックだけでも何とかやっていけそうである。だいぶコストダウンになりそうだ。


ルームウェアも去年と同じ、外で着るアウターもユニクロのダウン一択になった。ウォームビズドレスコードがユルいのを良いことに職場でもダウンを着ている。軽くて暖かくて、ホントに有り難い。そういえば、自転車通勤中にも着てる。


去年あたりからだけど、もう、「冬は克服した!」と考えている。あれほど寒がりだった自分がウソのようだ。これも、服だの暖房器具だのが進歩してくれたおかげだ。


これからは積極的に冬を楽しんでいこう。実は、雪かきボランティアやクロスカントリーに、ちょっとだけ興味がある。思い切って、やっちゃうか?


むしろ、これからの課題は「夏をどう乗り切るか」だな。あぁ、「花粉症シーズンをどう乗り切るか」もだな……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。