らくだのライフハック

【コーヒー】水出しコーヒーと言う武器を手に入れてしまったのだ。


「水出しコーヒー」を飲むようになってから、コーヒー飲む率が倍近くになった。いつも、ボトルにアイスコーヒーをつめて職場へ持参してて、一日かけて飲んでたけど、水出しコーヒーになってからは、半日で飲んでしまうようになった。


水出しコーヒーの味の特徴は、とにかくクセがない! 事につきる。だから、すいすいと飲めてしまう。夜、一杯だけ飲みたくなって、今まで通りのお湯ドリップ方式で飲んでみると、コーヒー独特の苦味だと思っていたものが、単なる雑味だった、と気づかされる。


どうも、ビールもクセのない白ビールが好みだし、飲み物は、クセのないあっさりタイプが好きなようだ。


さて、初めて、水出しコーヒーを知ったのは、『美味しんぼ』だった。レトロフューチャーな器具に興味を覚えたっけ。


Amazonで似たような器具を探してみると、こんな感じーー。

カリタ ウォータードリップ ムービング 5人用 #45067

カリタ ウォータードリップ ムービング 5人用 #45067


ただ、原理はとても簡単で、基本的に、水の中にコーヒーの粉をぶちこんで、一晩、放置する。これだけだ。どうも、発酵食品と言い、炊飯器調理と言い、放置しておくと勝手に美味しく出来上がる、というのに弱いようだ。ナマケ&ズボラーには、ぴったりである。


もちろん、軟水だの硬水だのミネラルウォーターだのと水にこだわれるし、コーヒーの粉も、細引きだとか粗挽きだとか、いろいろあるようだ。水出しコーヒー向きのレシピ? もちゃんとある。


自分の場合、面倒なことが嫌いなので、水はヤカンで一度沸騰させた湯冷まし、コーヒーの粉は父親がいつも買ってるやつ、そして、冒頭のような水出しコーヒー用のポットを買って使っている。


朝、部屋を暖めがてらヤカンでお湯を沸かし、そのまま放置。帰宅してから、コーヒーの粉をポットにセットし、湯冷ましを注ぎ、冷蔵庫で一晩放置。あとは、朝、ボトルに氷と一緒につめるだけ。


紙のフィルターを使わないし、コーヒーの粉の後始末も一回で済むし、何より美味い! 楽で美味しいのだから、こたえられない。


強いてデメリットを探せば、ホットコーヒー好きの人には向かないぐらいか。水出しコーヒーをホットで飲みたい人は、出来上がったものを温めて飲むんだけど、ここで沸騰させてしまったりしたら、せっかく水出しで作った意味がなくなってしまう。このあたり、ちょっと面倒くさそうである。ま、一年中、アイスコーヒー飲んでるような自分には無問題だがーー。


他に困ってることと言えば、半日で飲みきってしまうので、量が足りないってことだ。もう一本、水出しコーヒー用ポットを買い足ししようかどうか迷っている。


それと、夜、うっかりセットしないで寝落ちしてしまうと、翌日は美味いコーヒーが飲めないってことが起きる。これは、もう、どうしようもない。時間がかかるのが、水出しコーヒーの欠点だ。逆に言えば、時間をかけさえすれば、金をかけなくても美味しいコーヒーが飲めるってことでもあるけど。


あとは、普通のコーヒーを飲むと、マズくてしょうがないってことぐらいかな〜。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。