らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【MEC 食】豚肉とキャベツの味噌炒めの進化系、炊飯器調理バージョン!


久しぶりにローテーション入りしそうなメニューが出来た。「豚肉とキャベツの味噌炒め」だ。自分の場合、日本人の癖に、味噌汁が好きではない。好きではないのに、味噌汁以外の味噌を使った料理は大好きと言う、よくわからいないストライクゾーンの持ち主なのだ。で、味噌を使った料理の中で、最も好きなのが、この豚肉とキャベツの味噌炒めだった(その他、酢味噌和えなども好き)。


豚肉とキャベツの味噌炒めは好きだったけれど、料理下手にはハードルが高いと思っていた。チャレンジしてみようと思ったのは、次のレシピを見つけたからだ。

  • 豚肉とキャベツの簡単味噌炒め by ミッフィー0u0

  • このレシピが素晴らしいのは、調味料が全て「大さじ1」で分かりやすいことだ。

    ・醤油 大さじ1

    ・酒 大さじ1

    ・みりん 大さじ1

    ・みそ 大さじ1


    これぐらい分かりやすければ、自分にも出来そうだ。あとは、こがさないように炒めれば良いだけだ。料理下手には、それすらもハードル高いけど……。


    作ってみたら、なかなかイケる。所々に黒っぽいおこげが見えるのはご愛嬌だ。なるべく発酵食品を食べたいと思ってたけど、日本の伝統的な発酵調味料である味噌を使わないでいることが内心ジレンマだったのだ。キャベツも、野菜の高いこの頃だけど、時々は、1個100円で売ってたりするし、豚バラ肉は、もともと安いし、コスパも高いメニューと言える。


    ただ、髪の毛が気になるようになってからは、おこげを食べたくないと思うようになり、炊飯器調理へとシフトしたこともあって、「豚肉とキャベツの味噌炒め」風を炊飯器調理で出来ないか、と考えた。で作ってみたのがこちらーー。


    調味料は全く同じ。それぞれ、大さじ1ずつ。キャベツは、低温調理でも熱が通りやすいように千切りにしてみた。豚バラ肉は炊飯器調理で、ほろほろに柔らかくなっていた。あいにく、味の方は、みりんを入れすぎてしまったようで、何だか尖った味になってしまっていた。でも、調味料の量を間違えなければ、上手く、美味しく行くだろう。しばらくしたら、再チャレンジだ!


    そのうち、牛肉でも味噌鍋に挑戦してみよう。もちろん、炊飯器調理でーー。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。