らくだのライフハック

【空洞化】スーパーAの隣の空き店舗に100円ショップが入った。スーパーBの隣は2軒空き店舗になった。この先、どうなる?


こないだ、久しぶりに、スーパーB(生活圏内に、最寄りから順番にAからEの5軒)へ行ってみたら、隣の隣の100円ショップが閉店になっていた。

このショッピングコートには、ジム、スーパーB、ドラッグストア、100円ショップがあった。

ドラッグストアが閉店になり、後釜が決まらないままだったけど、今度は、100円ショップまで閉店になってしまった。

ジムもスーパーBも、けっこう客は来てたはずで、ドラッグストアも100円ショップも、それなりに儲かっていたと思うんだけど、最近は見切りが早い早い。

4軒の内、2軒が空き店舗になると、さすがに殺風景だ。


そんなことを思いながら、いつものスーパーAに寄った。

こちらも、隣のドラッグストアが閉店になったばかり。

でも、後釜が決まったようだ。

ポスターを見てみると、100円ショップ。

スーパーBのコートにあったのと同じチェーン店だ。

ちなみに、スーパーAからスーパーBまで、直線距離だと、1㎞ちょいぐらいか。

何だかなあ……。


最初100円ショップができたら便利になるんじゃないかと思っていたけど、実は最近100円ショップではあまりものを買わなくなっている。

最近買ったものといえば、保冷剤、保冷バック、ガーゼタオル、それくらいか。

ガーゼタオルでは年に1回、保冷剤は夏に買う位。

そんなにしょっちゅう買うものでもない。


こないだ、台所の長い蛍光灯が壊れて不便したけど、ホームセンターが入ってくれたらありがたかったんだけどなぁ。

まぁ、敷地が狭すぎるけど。


最寄りのスーパーの隣に店が入ったのはいいけれど、空洞化が着々と進行しているような気がする。


空洞化や空き家についてはこちら


カテゴリー紹介 #ライフスタイル

ネコのように丸くなって暮らしたい……。

特別な夢や本当にやりたいことは無いけれど、ストレスフリーで快適な毎日を過ごしたい。

人混みと満員電車と行列と渋滞と人づきあいが苦手で、インドア&地元で過ごしがち。

最近は、読書しながら旅でもしようか、ともくろんでいる。

年300万円で、コストのかからない「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。