らくだのライフハック

【北海道大地震】しみじみと日本って災害の多い国だよなあ……。


木曜日に帰宅したら、テーブルの上に置いてあった夕刊に黒々と派手な見出しが。

関西空港の記事かな、と思っていたら、北海道大地震のニュースだった。

大阪の大地震、41.1℃の酷暑、西日本の大雨、台風による大風、そして今回の北海道大地震

いったい、日本はどうなってしまったんだろう?


北海道の大地震は別の意味でもショックだった。

最近、北海道への移住も悪くないなあ、と思ったりしてたからだ。

いきなり冷や水を浴びせられた気がした。


もともとは、今年の酷暑だ。

幸い、夏バテせずに来てるけど、この先、歳をとっても、こんな暑さの中でやっていけるだろうか? と考えたときに、どう見ても無理ゲーだ、と思わざるを得なかった。

たとえクーラーを部屋に備えつけたからと言って、いまやジャカルタよりも暑くなったと言うニッポンだ。

しかも最高記録の41.1℃を出した熊谷は同じ関東だ。

いつか、歳を取ったときに、熱中症で死んでしまうような気がしてならない……。


そして、もう一つ、花粉症ーー。

去年は、舌下免疫療法で、ほとんど完璧に抑えこんでいたけれど、今年は花粉の飛ぶ量が多かったせいか、点眼液・点鼻薬を使わざるを得なかった。

どうせなら、夏が涼しいだけでなく、花粉症の無いところに住みたい、と思うのが人情だ。

該当するのは北海道しかないではないか……。


こんなことを考えていただけに、今回の大地震はショックだったのである。

震度7にもなると、北海道全域が停電になってしまうのかあ。

まだ夏場だったから良かったものの、冬だったら、どうなってたろう?

考えただけでも恐ろしいーー。


最近、気になってしょうがないんだけど、外国人から見たら、今年の日本って、どうな風に映ってるんだろう?

冬はマイナス10℃近くまで下がり、夏は40℃超まで上がる。

地震は起こる、津波は来る、台風は吹き飛ばす、たまに火山も爆発したりする。

日本人から見ると、よく砂漠や氷の世界に住んでられるよな、と思うけど、外国から見た日本も似たようなものではないのか? と思えて、しょうがない。

もし、自分が外国人で、オリンピックに出場するような選手だとしたら、こんな所で、ほんとに大会できるのか? と危ぶんだかもしれない。


考えてみると、こんなに災害の多い国に平気で住んでるんだから、パンクな話だ。

しかも、明日は我が身だと内心は思いながらも、普通に日常生活を送っている。

まあ、送るしかないんだけど……。

う〜ん。

スゲぇな、ニッポン!


カテゴリー紹介 #天気

天気は、3Dなんか目じゃないリアルな体験型アトラクションだ!

わざわざ行かなくても、頼まなくても、向こうから、やってきてくれる。

どうせなら、天気というコンテンツを目いっぱい愉しもう!

花粉症も、梅雨も、酷暑も、台風も、雪も……。