らくだのライフハック

【缶ビール】値段が高くて美味しいものを少量か、リーズナブルなものをがっつりかーー。


最近、ビールのことで迷っている。


父親がお中元で缶ビールのセットをもらった。

下戸なので、自分がもらう。

久しぶりに、発泡酒でも、第3のビールでもない普通のビールを飲む。

さすがに美味かったーー。


全部、飲み終わらないうちに、スーパーでセールがあって、20種類ぐらいの発泡酒や第3のビールを100円前後で売っていた。

せっかくなので、全部、1本ずつ買った。


少しずつ飲み比べていて、ようやく終わりに近づいているけれど、どれも、そこそこ美味かった。

特別、これが美味いってのも無かったけどーー。

少なくとも、ストレスを感じるほどマズいと思ったことは一度も無かった。

特に、かち割りで飲むと、発泡酒や第3のビールでも美味しくいただける。


お中元の缶ビールセットの中には、ミニ缶も入っていた。

ミニ缶とは自分が勝手にそう呼んでいるだけで、250ミリサイズの缶のことだ。

このサイズで飲んでいると、アルコールに弱いけど飲みたがる自分のような人間には、ちょうど良い両なのかな、と思ったりする。


スーパーでも買ってみようと思ったら、1本、150円ぐらいだった。

350ミリで100円前後の発泡酒や第3のビールよりは割高に感じてしまう。


150ミリサイズのチビ缶(これも自分がそう呼んでるだけ)も売っていて、こちらは、ちょうど100円。

でも、これで飲んでると、さすがに、もうちょっと欲しくなる。

休日の朝に飲むのに、ちょうど良い感じ。

まあ、朝から飲むな! て気もするがーー。


これは、缶ビールに限らずの話で、美味しいものをちょっとだけ楽しむか、リーズナブルなものをがっつり楽しむか、てことだ。

美味しいものを少量の方が上品だし、自分をコントロールしてる感じがする。

太らなそうだし。

フランス女性は太らない―好きなものを食べ、人生を楽しむ秘訣 (日経ビジネス人文庫)

フランス女性は太らない―好きなものを食べ、人生を楽しむ秘訣 (日経ビジネス人文庫)


でも、1年365日あると、がっつり飲み食いしたい日はあるわけで……。


まあ、たくさん選択肢があって、今日はこれ、と気のおもむくままに選べるのも贅沢だ。

自転車通勤で走ってるうちから、何を飲むか考えるのも趣が深いものだ。


しばらくは、チビ缶、ミニ缶、普通サイズ、発泡酒、第3のビール、普通のビール取り混ぜての生活が続きそうだ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。