らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【ライフスタイル】公園のそばに住むということ


土曜日の夕方、珍しく、公園へ散歩に出かけた。

休日出勤は半日で終わって、ビールを飲みながら昼飯を食べて、昼寝して、暑さも一段落したところだった。


買い物へ行っても良かったけれど、特に、どうしても買わなきゃいけないものは無かった。

なので、珍しく、夕涼みがてら、公園へ行くことにしたのだ。


通勤のついでに、自転車で走ったり、買い物のついでに、近所をぶらぶらしたりすることは、よくあるけど、散歩のためだけの散歩って珍しい。

リュックも背負ってない。

手ぶらだ。

なんだか、落ち着かない感じ。

目的がないのに、そぞろ歩く、てのが、そもそも苦手だ。

つくづく、楽しむのが下手な日本人だーー。


それでも、公園に入ると、森のようで、空気が冷んやりしている。

これだけでも、来て良かった。


森の中は、薄暗くて、外はまだ明るいのに、公園の中では外灯が点灯していた。


途中、常連がネコにエサをやっている場所があって、3匹ほどのネコがいたけれど、カメラを向けたら、一瞬で消え失せてしまった。

後には、「エサをやらないでください」の看板が残るばかりだ。


小川沿いをぶらぶらしてると、あじさいが咲いている。

今年は、どこのあじさいも精彩がなかったけれど、ここのあじさいは、今年初めて綺麗だな、と感じた。

小川にかぶさるように咲いているからかーー。


休日の夕方なのに、ほとんど人がいない。

もともと、土曜日は、事前の天気予報だと、大雨だったのだから無理もない。


自分のような人間には、荒々しい自然よりも、公園のような管理された森の方が気楽で良い。

将来は公園の近くに住むのも良いかも、などと思いながら歩いた。

あるいは、川のそばのように開けて風通しの良い場所も良い。


まあ、しかし、夜になると真っ暗になるし、冬は寒々しい風景になるんだよな。

夏は涼しいんだけど、ベンチに座って、スマホをイジっていると、蚊がやたらと寄ってきたりするし。

う〜ん。

なかなか自然との共生は難しい。

とりあえず、自分の家で寝転んでいるのが、一番、無難なようだった。


帰りは、早足になり、帰宅してからはシャワーを浴びながら、缶チューハイを飲んだのだった。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。