らくだのライフハック

【ライフスタイル】今年の夏の朝が心地良すぎる理由について


ようやく金曜日。

今週も、あと一日だ。

肌寒かった先週から、いきなり30℃越えの今週になって、さすがに疲れはたまってるようだ。


このまま、梅雨明けで夏になるってのは本当だろうか?

肌寒いよりは、多少、蒸し蒸ししてもいいから、暑い方がマシだ、などと寝言を言ってた頃が懐かしい。

実際に暑くなってしまうと、これはたまらん、てだけの話だ。


幸い、昨日の夜も、今朝も、風が強かった。

さらに幸いなことに、風通しだけは良い家に住んでいる。

(だからこそ、クーラー無しでもやってけるのだが)

おかげで、暑さで体力は消耗しつつも、何とか寝不足にならずにやってこれている。


それでも、朝、目が覚めると、まるで、部活が終わったあとのような気怠い感じがする。

寝てる間にも、体力は削られているのだ。

この感覚を味わうと、真夏だよなあ、と実感する。

まだ、六月、終わってないんだけどーー。


今週に入ってから、朝の楽しみが、やたらと増えている。


一つは、朝の涼しさを感じながら、リゾート気分で、うつらうつらと二度寝すること。

(一度、寝坊してしまったが)


もう一つは、朝、シャワーを浴びることだ。

寝汗でべとべとしてるときに、温水シャワーを浴びて、浴室から出たときに、冷んやりとした感覚を味わうのは、極上の気分だ。


夏こそ温水シャワーを、てのは、サンプラザ中野くんから知った。


暑いときには冷たいシャワーを浴びがちけど、その後、浴室から出ると、むしろ、身体はほてってしまう。

温水を浴びた後だと、蒸し暑いはずの外気も、冷んやりと感じることができるのだ。

お試しあれ!


シャワーを浴びて、すっきりしたら、食事をして、アイスコーヒーを飲みながら、だらだらと出かける準備をする。コーヒー断ちしたけれど、夏場のアイスコーヒー限定で復活した。

貧血っぽくなる不安はあるけれど、朝の一杯ぐらいは大丈夫だろう。

暑いときには、苦くて冷たいものが、こんなにも美味い。


ホットコーヒーはイマイチだけど、アイスコーヒーは好き、と言う自分の嗜好は、わりと最近、自覚したばかりだ。

寒くなると、コーヒーブレイクは、フェイドアウトしていくだろう。

夏の間は、存分に楽しもう。


準備が終わると、いつもの自転車通勤だ。

「いつもの」だけど、夏の朝の川沿いのサイクリングロードは、ため息をついてしまうほど気持ちが良い。


特に、今朝は、風が強かった。

向かい風はしんどいけど、強めの扇風機にあたってると思えば良い。

シャワーを浴びた後だけに、なおさら心地良い。

実際、信号待ちしていると、まだ、七時前だと言うのに、じりじりと日差しに焼かれてしまう。

何度も言うが、まだ、六月だっ!


駐輪場トランクで、濡れタオルで身体をふく。

2回、シャワーを浴びるようなもので二度手間なのだが、気持ち良さ優先だ。

身体をふいたあと、職場へ向かうときに、風に吹かれているだけで、気持ち良い。


なんだか、今朝は、朝から、「ほうっ」とため息ばかりついている。

こんなにも夏の朝を心地良く感じるのは、生まれて初めてだ。

『大市民』の山形センセイのように、少しは大人になったのかもしれない。

単に、年を取っただけかもしれないがーー。

大市民日記 1

大市民日記 1


とりあえず、今日一日をスムーズに乗り切って、明日の朝は、たっぷりと朝寝をしよう。

シャワーとアイスコーヒーも忘れずに。

休日なんだから、朝からビールでも、良いかもしれない。

それを楽しみに、仕事をさくさくと片づけることにしよう。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。