らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【MEC 食】牛ランプ肉の三分の一の値段だけれど、鶏もも肉の炊飯器調理はジューシーでほろほろほぐれる美味さだった!


火曜日の朝食は、鶏もも肉

塩麹漬けしておいたものを塩抜きして、炊飯器調理の保温モードで一晩。


とろけるチーズのパリパリ焼きと煮卵を添えて、完璧なMEC 食だ。

写真には写ってないけど、トマトをスライスしたものに、オリーブオイルをかけたものを箸休めとした。

まとめて作って肉食やせ!―肉・卵・チーズを食べるMEC食の常備菜レシピ115

まとめて作って肉食やせ!―肉・卵・チーズを食べるMEC食の常備菜レシピ115


食べる前に、ナイフで切っている段階で、鶏肉は、ほろほろと崩れていくぐらい柔らかい。

食べてみてもジューシーだ。

塩麹漬けした時の、ほんのり塩味で充分に美味い。


前日の、牛ランプ肉とは、えらい違い。

肉には、脂身が無いと駄目なんだろうか?

まあ、ランプ肉を焼くことを試してから結論を出そう。


それにしても、、牛ランプ肉は、鶏もも肉の、軽く3倍の値段だ。

鶏もも肉だって、肉強化週間に入ってからは、それまでの倍の値段の良い肉を買っている。

それ以前では、予算の範囲内は、100グラム140円程度だったので、その当時と比べたら、牛ランプ肉は、5倍近い値段が高い。

それなのに、たいして美味くもなかった、と言うのは、本当にがっくりする。


自家製タルタルソースで食べたときも、タルタルの味が強烈すぎて、肉の味が全然わからなかった。

タルタルの時は、豚肉の小間切れでも充分かもしれない。


安い肉を工夫して美味しく食べるときと、高い肉を存分に味わうときと、もうちょっとメリハリをつけられると良いんだけれど。

値段が高ければストレートに美味いわけでもないようなのでーー。


自家製タルタルソースについてはこちら 


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。