らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【食事編】睡眠と運動と食事の好サイクルについて。2018年6月現在まとめ。


食事については最近こうなったーー。

① 完全に炊飯器調理したMEC 食になった。

② 朝食はMEC 食で重く。晩ご飯は軽く。ほとんど飲むだけ。ほぼ一日一食。

③ 発酵食品は継続中。ただし断捨離中。


MEC 食に出会えたのは幸運だった。

疲れにくくなったこと、やたらと腹が減らなくなったことが実感できる。

発酵食品を食べ始めた頃も効果を実感できたけど、MEC 食はそれを上回る。


併せて、就寝前に食べないことも有効だった。

深く、長く、眠れるようになった。

寝てる間も内蔵は働き続けていたんだな。


もっとも、MEC 食のおかげで、あまり空腹感を感じなくなったからこそ実現できた。

以前なら、腹が減って眠れんっ、てなってた。


空腹感を感じなくなったのは、栄養が過不足が無くなったから。

どれか一つでも栄養素の欠落があると、空腹感を感じてしまうものらしい。

けっこう、栄養のバランスには気を使ってたつもりなんだが……。


まあ、肉・卵・チーズだけ食べていれば、とりあえずオーケーってのも気楽で良い。

いい意味で、食事に気を使わなくなってきた。


以前は、気を使ってるけど、穴がぽこぽこ開いていた。

で、上手くいかずにストレスをためる、と言う悪循環だった。


空腹感と手を切って、安心感を手に入れてからは、睡眠だけでなく、運動面にも好影響があった。


特に帰りの自転車通勤がそうだったけど、空きっ腹で走るってのも、けっこうシンドかったのだ。

問題は、シンドいってことに自分が気づいていなかったことだ。

そういうものだと、思いこんでいた。

このパターンは他にもありそうだ……。


食後は、「食休み」で動かない方が良いのか、「腹ごなし」で動いた方が良いのか、意見が分かれるところだけど、今のところ動いた方が良さそうだ、と思っている。

これまでは、すぐに寝っ転がって牛になっていたのだがーー。


その他、MEC 食は「結果的に」糖質制限になっているので、一時期増えた体重も減りつづけている。

単に糖分や炭水化物を抜くだけの糖質制限だけではダメで、栄養を過不足なく摂取できるMEC 食のおかげだ。


課題は、休日の「ごほうびご飯」。

平日は炊飯器調理したMEC 食のワンパターンご飯で良いと思うけど、ずっとそればっかりだと、食の楽しみを忘れてしまいそうな気がするのだ。

外食したりを始めてみたけど、イマイチなことが多くて困ってる。


あとは、近々、人間ドックを受けるので、今の食生活で良いのか、がわかる。

結果次第では、また、考え直さなければ。 酒の量が増えてるかな……。


カテゴリー紹介 #ライフスタイル

ネコのように丸くなって暮らしたい……。

特別な夢や本当にやりたいことは無いけれど、ストレスフリーで快適な毎日を過ごしたい。

人混みと満員電車と行列と渋滞と人づきあいが苦手で、インドア&地元で過ごしがち。

年収300万円で、コストのかからない「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。