らくだのライフハック

【休日のごほうびご飯】外食、敗れたり! また、引きこもり自炊になりそうな……。

日曜日の朝食はイワシのオイルサーディンのトーストだった。


グルテンフリーが気になりながらも、スーパーで、翌買っていたパンが値引き品になっていたので、つい買ってしまったのだ。

このパンは、美味いし、マーガリンなどの添加物も入っていないし、イースト無使用と言う珍しいパンなのだ。

とろけるチーズやマヨネーズをたっぷりとかけて、レタスと一緒に食べるイワシのオイルサーディンのトーストは絶品だった。

グルテンフリーを気にしながら食べると余計に美味い。

先週に引き続いて2度目だけれど飽きる気配がなかった。

今日はパン一枚にとどめておいたので、来週の分がもう一枚残っている。

今から、もう、楽しみなのである。


朝食は休日に相応しいものだったけれど、昼飯は残念な結果に終わったーー。


豚カツ屋へ行ってみたら、もう閉まっていた。

午後2時までやってるはずなんだけど、午後1時40分には、もうランチは終わりのようだった。

これがケチのつけ始めだった。


しかたなく、昨日も行ったラーメン屋へ。

今度はつけ麺を食べるのだ。

食券を買うと、カウンター席へ案内されたのだが、人が混んでいて窮屈そうだった。

断ってテーブル席へ行く。

一番奥に、二人用テーブルが開いていたので、そこへ座った。

すぐ隣がトイレになっていた。

ここなら一人で座っても良かろう。

店はランチタイムの忙しさも一段落した感じだったし。


食券を取りに着た店員が、ひや・あつ、どちらにするか尋ねたので、冷たい方で、と答えた。

その時、店員が早口で、何か言った。

カウンター、と言う単語だけが聞き取れた。

店員は踵を返すようにして、行ってしまった。


しばらく考えこんでしまった。

まさか、カウンターに戻れって、言ってるわけじゃないよな。

かと言って、カウンター混んでてすみません、でもないだろうし……。


のどが乾いたので、テーブルに置いてある水さしから水を飲みたかったけど、コップを持ってくる気配もない。

セルフサービスかと立ち上がって、それらしきコップを取りに行ってみたけれど、あたりを見回すと、形が違う。

自分が手にしたのは、フリードリンク用のコップのようだった。


なんとなく、もやっとした気分のまま、待っていると、つけ麺が来た。

食べてみると、とてつもなく美味い。

どうも自分は、濃厚な魚介系のダシで、カツオブシがぷんぷんと匂うようなスープが好みのようで、この店のつけ麺は、どストライクだった。


美味かっただけに、余計に、もやもやした気持ちで店に出た。

疑心暗鬼なのかもしれないし、自分が鈍感なのかもしれない。

そして、思い出した。


外食から自炊へと移っていったのは、外食したときの店員の応対や、他の客のマナーの悪さにうんざりすることが増えてきたのも理由の一つだった。

都会ならともかく、中途半端な郊外都市で、休日の外食と言うのは、おひとりさまにとって、何と言うか、居心地の悪いものなのだった。


ああ、このつけ麺は、ぜひ、また食べたいけれど、この店に来るのは嫌だなあ、と心から思った。

そんなことを考えていると、仕事は嫌いじゃないけれど職場に行くのが嫌だなあ、と考えていたことと同じ気がしてきた。

自分の人生、こんなことばっかりだな。

天気が爽やかな分、気持ちが沈むようだ。

早く家へ帰って、ビールを飲もう。

そう思いながら、とぼとぼと歩いた。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。