らくだのライフハック

【ふるさと納税】寄付金受領証明書が見当たらない……。裏目に出た職場保管。


確定申告をしようとした時、領収書や、ふるさと納税をした寄付金受領証明書が見当たらない、と言うのは、よくあるケースだ。


対策として、領収書や寄付金受領証明書は、職場で保管するようにすると良い、と提案したことがある。

家だと、すぐになくしてしまうけど、職場だと、不思議となくさない。

それなりに緊張感が働くからだろうか。

自分の机の引き出しに、こっそりフォルダを作って保存しておくと、これまでは紛失したことがなかった。


しかし、今回は、寄付金受領証明書が一枚、行方不明になってしまったのである……。


理由は、年度末に職場の異動があったことだ。

ちょうど、ふるさと納税を一気にやって、寄付金受領証明書が三月に届いたのもマズかった。

異動でバタバタしていたので、とりあえず、職場に持っていって、クリアファイルに入れて引き出しに置いといて、落ち着いたら取りまとめよう、と思っていた。


で、五月になって、いくらか余裕ができたので取りまとめようとしたら、一枚、見当たらないのである。

引っ越しのバタバタで、どこかに紛れてしまったか、うっかり廃棄書類と一緒にシュレッダーにかけてしまったか。

職場保管にも落とし穴があったなあ……。


ネットで検索してみると、自治体によっては再発行してくれるみたいだし、還付は5年前まで遡って申請できるようだ。

  • ふるさと納税した時の「寄附金受領証明書」を紛失してしまったら。

  • ただ、再発行には時間がかかるようなので、あと1〜2か月たっても出てこなかったら、再発行を申請しようと思う。

    はぁ……。


    かと言って、家に置いといてもなくしそうだしなあ。

    そもそも、一月は年の始めで自治体も慌ただしいだろうから、あえて二月から、ふるさと納税をスタートさせたんだった。

    で、寄付金受領証明書が三月に届いて、三月末の異動で行方不明。

    裏目に出たなあ。


    ちゃんと管理できればすむ話なんだけど、それができないから、職場保管だの何だのと工夫してみたんだよな。

    来年は四月以降から実施することにするか?

    やれやれ……。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。