らくだのライフハック

【花粉症】今年は舌下免疫療法だけでは足りなくて、点眼液と点鼻薬をもらってきた。来年はどうなるかな〜。


今年は花粉の量が多いらしい。

四月に入ってから、舌下免疫療法の薬だけでは苦しくなってきた。

目もかゆいし、鼻もつまる。

鼻づまりは深刻で、真夜中の3時頃に息苦しくなって目が覚める。

つい、スマホをイジり始めてしまう。

おかげで寝不足だ。


冷蔵庫の奥に点眼液と点鼻薬があったので、それでしのいだ。

舌下免疫療法を始める前に行っていた耳鼻咽喉科でもらったやつ。

もう二年前になる。

幸い、使用期限は切れてなかった。


点鼻薬が無くなりそうになったので、舌下免疫療法を受けている小児科へ予約の電話をした。

ついでに聞いてみると、点眼液も点鼻薬も、もらえるようだ。

ホッとした。

電話に出てくれたお姉さんも、ずいぶん親身になって教えてくれた。

きっと、花粉症なのだろう。

金曜日に電話して、翌日の土曜日に予約が取れたのはラッキーだった。


土曜日の今日、小児科へ。

天気も良くて、歩いていて気持ちが良い。

病院には珍しく一人もいなかった。

冬の頃は人があふれていたけど。

この時期は病気の子どもも少ないらしい。


診察の時、今年はやはり花粉が多いことや、ゴールデンウィーク過ぎるまでは症状が出るだろう、という話を聞いた。

去年は五月いっぱいぐらいまで、だらだらと症状が出ていた気がする。

連休で終わるなら上出来だ。


薬をもらうときに、店員がやたらと詳しく説明する。

花粉症がひどい人は、舌下免疫療法の薬に加えて、アレルギーの薬を飲んで、さらに点眼液・点鼻薬らしい。

自分の場合、アレルギー薬までは必要ないので、まだ軽い方みたいだ。

点鼻薬の容器がデカくなって困った。

今までのは指サイズだったけど、今度のは手サイズだ。

持ち運びがめんどうだな。

ほんとに天気の良い一日で、遠回りして帰った。

缶ビール、オリオンビールを一本飲む。

あっさりしていて、飲みやすい。

陶製のジョッキにたっぷり氷を詰め込んで、邪道のみのオンザロックで飲む。

この飲み方は『大市民』から教わった。

そういえば、真夏よりも初夏の方がビールは美味い、て描いてあったな……。

  • 大市民 1 | 柳沢 きみお | マンガ | Kindleストア | Amazon

  • カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。