らくだのライフハック

【楽ちんビジカジ】ジャケットはコンフォートで!


冠婚葬祭用を除けば、スーツは持ってない。

最近はパターンメードのスーツも、びっくりするほど安くなっていて、一度、作ってみたい気持ちはあるけれど、実行に至っていない。


王様の仕立て屋』を読むと、一生に一度はオーダーメードで、と思わなくも無いけど、よっぽどの着道楽でも無い限り、手を出さない方が無難なようだ。

普段の手入れ、体形を維持する節制が求められる。

自分には、とても向いてない。

  • 王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜 1 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 大河原遁 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon

  • そんなわけで、現在、ジャケット3枚で着回している。

    一枚目はかっちりした黒ブレザー。

    職場のロッカーに置きっぱなしにしている。

    何か、あらたまった時に着る用だけど、そんな機会があるんだかどうか。


    ちなみに、これもユニクロ

    今年は、全身ほぼユニクロだ。

    職場の近くにあるので、仕事帰りに寄って買って、駐輪場トランクに置いて帰って、翌朝、職場へ着ていくパターンだ。

    つい、楽なものでユニクロばかりになってしまっている。


    あとの2枚は同じくユニクロのコンフォートジャケットだ。

    色は黒とライトグレー。


    コンフォートジャケットは、軽くて柔らかくてしわになりにくい。

    洗濯機で洗うこともできる。

    ジャージー素材なので、かなりストレッチも効く。

    肩に芯も入っていないので、羽織るような着心地だ。


    コンフォート=快適、なジャケットなんだけど、かなりカジュアルな印象なので、職場は選ぶと思う。

    金曜日のカジュアルフライデーや、出張時ならオーケーかも。

    幸い、自分の職場はドレスコードがゆるゆるなんで助かっている。


    今年は4月から初夏のような日が続いてるので、職場では、ほとんどジャケットを着ることはない。

    駐輪場トランクから職場へ通勤する時に着るぐらいだ。

    あとは、肌寒い日が来たら、着るかな。


    本格的に寒くなってきたら、ジャケットを着て寒さをしのぐよりは、ウォームウェアやニットで何とかしようと思ってるし、最近はウォームビズのおかげで、ジャケット以外のアウターにも寛容になってきている。

    やっぱり、ジャケットの出番は少なさそう。


    けれども、このジャケットは、あまりに楽なので、オフで着るのに良いんじゃないか、て思い始めている。

    オフでジャケットなんて窮屈なイメージだったけど、こんなに楽ならストレスも感じないし、「きちんとカジュアル」に見えるかも。

    オフでジャケット、オンでニット、な逆転現象になるかもなあ。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。