らくだのライフハック

【肉料理】新タマネギたっぷりのチーズのせスコップハンバーグを炊飯器調理の炊飯モードで作ったらタマネギの甘味がたまらない!


これまで、炊飯器調理での肉料理は肉単品だったけれど、少しずつ、肉と野菜の組み合わせへシフトしている。


トップは『大市民』でお馴染みの白菜鍋。

白菜と豚バラ肉だ。


そして、キャベツ鍋。

キャベツと豚バラ肉。


そして今日、新タマネギと牛豚合い挽きのひき肉を試してみたのだった。


ひき肉は、買ったとき、味をつけて仕込んでおいた。

基本はソースとケチャップだけど、隠し味として、冷蔵庫の中にある調味料をほとんど入れた。

ケチャップ

ウスターソース

・とんかつソース

・マヨネーズ

塩麹

・酢麹

・甘酒

どぶろく


新タマネギはスーパーで値引き品になっていたもの。

2個、ざくざくと切った。

ひき肉200グラムよりも、新タマネギの方が、量が多いくらいだった。


できれば、朝、保温モードで仕込んで低温調理したかったけれど、あいにく昼から準備を始めた。

炊飯モードの「ふつう」で調理することにする。


炊き上がったら、フタを開け、とろけるチーズをひとつかみばらまく。

フタを閉めて、しばらく放置。

再び開ける頃には、チーズはとろけていた。


まず、スープをすする。

タマネギとひき肉から染み出したスープは、白菜よりも、キャベツよりも甘かった。

新タマネギだからか?

炊飯モードでやったせいか、チーズだけでなく、タマネギもとろけている。


スプーンをスコップのように突き刺して食べると、間違いなくハンバーグの味がした。

丸めて作るより簡単で良い。


途中で味に変化をつけようと思って、大根おろし&紅葉おろしと温泉卵を用意していたけど、忘れて一気に食べてしまった。


それにしても、新タマネギの甘さには、ただただ、びっくり。

今度、豚バラ肉とで試してみよう。


それと、今まで、炊飯器調理は保温モードで低温調理するのがベスト、と考えていたけれど、炊飯モードも悪くないのでは、と思うようになった。

こないだ、キャベツ鍋をやったとき、かなり軟らかくなったと思ってたけど、今日のタマネギのとろとろさには負けてしまう。

キャベツも、炊飯モードでやった方が美味いのかもしれない。


逆に、牛豚合い挽きのひき肉で、今度は保温モードを試してもみたい。

どちらが美味いだろうか?

食べ比べてみるつもりだ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。