らくだのライフハック

実は、ほぼ一日一食だ。断食にもアンチエイジングにも興味ないのに、なぜ、こうなってしまったのか……。


もともと、朝は食べない。

以前は豆乳ヨーグルトに甘酒をかけた物をマグカップ一杯食べるぐらいだった。

今は、豆乳ヨーグルトを食べる量を減らした。

スプーン大さじ三杯ぐらいだ。

あとは、果汁100%ジュースを飲む。


昼は外食に行く風を装っている。

30分ぐらいで戻ってきて、机に突っ伏して昼寝する。


夜は、がっつり食べる。

MEC 食プラス発酵食品の食事スタイルだ。

肉・卵・チーズをたっぷり食べて 1年で50kg痩せました | 椎名マキ, 渡辺信幸 | コミック | Kindleストア | Amazon
配信先: たった1年で、お腹いっぱい食べながら50キロも体重を減らした「実録ダイエット漫画」! 肥満が原因で、入院治療までするほどだった糖尿病も全快! 美肌でバストも維持。プロポーションも磨かれたその...


もちろん、お腹は空く。

お腹の中が空っぽになってる感触がすることもなる。

最近は、ほとんど無くなったけど、腹の虫が、ぎゅるぎゅると鳴ることもあった。

でも、ストレスを感じるほどではない。

ああ、空っぽなんだなあ、と思うだけだ。

たまに、朝、腹が減って目が覚めてしまうことがあって、そんなときは、朝飯を食べてしまうことがあったけど、食べた後は、一日中、調子が悪い。

この頃は、空腹で起きても、朝飯を食べることはなくなった。


なぜ、こんなことになったのか?

きっかけは、職場のストレスで食欲がない時期があって、その間、ずっと昼飯を食べなかったことだった。

別に、昼飯を食べないぐらいで死ぬわけでなし、特に普通に仕事はできるのだった。

精神状態は最悪だったけど……。


そして、一日一食が続いたのは、めんどうなことが死ぬほど嫌いな性格によるものだった。

何を食べるのかを考える。

材料を買ってきて料理する。

もしくは外食する。

自炊の場合は、洗い物をする。

歯を磨く。

このルーティンを、一日に三回繰り返す。

かなり、めんどうくさくないか?

一時期、弁当男子だったこともあったけど、今にして思えば、よく、あんな、めんどいことをやっていたもんだ。


一日一食になってから、一日が実に楽になったことを実感している。

単純計算で、食事がらみの家事が、一日三食食べてる人の三分の一になったわけだ。


食べる楽しみが減るなんて! と思う人は多いと思う。

けど、一年365日、心から食事を楽しんでいる人は、おそらく少数なのではあるまいか。

ほとんどの人は、食べなきゃもたないな、などと思いながら、半ば惰性で食べてることが多いと思う。

少なくとも、晩飯をがっつりと食べて、酒も飲んでると、十分、食は満たされている。

ほぼ一日一食で、片道約一時間の自転車通勤をして、バタバタと仕事をして、特に問題なく過ごしている。

Amazon.co.jp: 「空腹」が人を健康にする eBook: 南雲 吉則: Kindleストア
配信先: 近年話題になっている「サーチュイン遺伝子」。人間の生命力を司るこの遺伝子のスイッチをオンにするための条件が「空腹」。つまり空腹時でないとこの遺伝子は作動しないのだ。ところが現代人の生活は、お...


ただ、なぜか、ほぼ一日一食は、休日には当てはまらない。

休日は、朝と夜の、一日二食だ。

つい、食べてしまう。

なぜなのか、自分でもよくわからないけど。

仕事へ行こうとすると、食欲が無くなるんだろうか?


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。