らくだのライフハック

通勤コースの非ルーティン化を推進中。 #自転車通勤


自転車通勤を始めて数年ーー。


基本的な方針として、通勤コースは、なるべく固定するようにしていた。

一年365日、毎日、自転車通勤が楽しくてしょうがない、と言うわけではない。


疲れてるときもある。

寝不足の朝もある。

仕事で疲れて帰るのもおっくうなときもある。

風邪気味の時もある。

なんとなく気分が乗らない日だってある。

嫌なことがあってヘコんでるときもある。

季節の変わり目でウツっぽいときもある。


雨が降ってるときもある。

ゲリラ豪雨だってある。

風が強い日もある。

台風だってある。

寒くて、息を吸うと肺の中が痛くなる日もある。

雪の時もある。


自転車通勤を習慣化させるために、通勤コースをルーティン化して、ある程度、身体が自動運転するように落とし込もうとしていた。

そして、それは少しずつ習慣化していった。

朝、起きて、ぼんやりしていると、いつの間にか、通勤コースの半ばまで来ていて、ようやく、はっきりと目が覚めた、なんてことも、時々あった。


けれども、ここ一年、長雨や、台風や大雪の日もジテツウしてきた。

精神的にダウンしているときも。

風邪は、ほとんどひかなくなった。

もう、シンドい時に電車で行こう、とは思わない。

自転車通勤がデフォルトになったことを確信した。

そして、大雪以降、走りやすいコースをあれこれ考えて、一時期、通勤コースが流動的になったことも後押しした。


このところ、通勤コースは、その時の気分次第で、ころころ変えている。

大きな方針としては、クルマが通らないコースへ、できるだけ、オフロードを走るようにしていこう、と思っている。

ただ、これも、花粉症シーズンは無理しないで、徐々に移行していくつもり。


休み明けの朝や、疲れてる時の帰りなどは、交通量は多いけど、走りやすい道路を走ったりしている。

時間的に余裕があるときは、少し遠回りしたり。


スタートしてから、さて、どのコースを走ろうか、と考えながら走るのは楽しい。

時々、思いつかないまま、いつもと同じコースを走ってしまったりするけど。

あと、あのコースを走ろうと思っていても、ぼんやりしていると、身体が自動運転で、いつものコースへと動いてしまうこともあるけど。


これからは、気分や体調に合わせて、気ままに通勤コースを選択していくつもりだ。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
配信先: 日本初の自転車教則本、待望の文庫版を電子化! あなたは自転車の「正しい乗り方」を知っていますか。誰もが乗れる簡単な乗り物と思われている自転車ですが、乗り方次第で、体を壊す凶器になることもある...


自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
配信先: ベストセラー自転車教本、待望の続編! 日本初の教本、『自転車の教科書』が刊行され、多くの反響をいただきました。おかげさまで、著者の主催する教室は、連日の満員御礼。しかし、講義に訪れた方の多く...