らくだのライフハック

交通量の多い道路は死亡者が多い……。通勤コースを変更中。 #自転車通勤


職場で、「交通事故が多いので注意しましょう」的なチラシが回覧された。

やっぱり高齢者による事故がほとんどだなあ、などと眺めていたら、交通事故による死亡者が出た場所が書かれていて、全て国道や県道の交差点だった。

そして、死亡事故は、パターンはさまざまだったけれど、いずれもクルマによる事故だった。


ちょうど、転倒したばかり、と言うこともあって、考えこんでしまった。

今は、道幅も狭く、交通量も多いけど、舗装状態は悪くない県道を通勤コースにしている。

この方が、結果的には速く走れるから、と言うのが理由だった。

しかし、長い目で見ると、交通事故に出くわす、最悪、死亡事故につながるケースが、いつかは出てくるのではあるまいか?


で、以前の通勤コースを、また、走ってみた。


通勤コースを変更したのは2つの理由があった。


一つは、路面の舗装状態が悪くてストレスがたまったこと。

以前は、ロードバイクに乗っていて、ちょうどノーパンクタイヤに代えた頃だった。

ノーパンクタイヤは路面のひび割れなどに弱くて、かなりガタガタしていた。

けれども、今は、29インチのマウンテンバイクで通勤している。

ぶっといタイヤでは、さほど、気にならなかった。


もう一つの理由は、以前の通勤コースは、田んぼの中や川沿いを縫うように走る舗装された道路だったけど、見通しが悪く、すれ違うときも注意しなければならないので速く走れず、ストレスを感じていたからだった。

けれども、今はシングルスピードになったせいか、全くストレスを感じなかった。

ギヤなしのシングルスピードでは、どのみち一定以上は速く走れないのである。


そして、周りを見ると、田んぼのあぜ道や川沿いなどにオフロードの道がけっこうあった。

ここを走れば、クルマどころか、ママチャリや歩行者さえも、ろくに来ない、自分だけのロードになるんじゃなかろうか。


こんなわけで、また、通勤コースを変更中である。

基本は、なるべくクルマが来ない道。

そして、なるべくオフロードを走る。

オフロードを走るのは、けっこう体力がいるので、身体に負担がかからないよう、ちょっとずつ、変更していくつもりだ。

川沿いの遊歩道&サイクリングロードに入ってしまえば、あとは同じだし。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)