らくだのライフハック

駐車場トランクが明るくなって驚いた話 #自転車通勤


突然思い立って、自転車通勤で使ってる駐車場トランクを整理した。

駐輪場トランクは早い話がイナバの物置だ。

作り付けの二段の棚がある。

下の棚は、ちょうど胸の高さだ。

これまでは、この棚は物置と化していて、着替えの時に不便を感じていたのだ。


まず、棚の上にあるもので、日常的に使わないものは、棚の上からどかすことにした。

着替えを忘れたときの予備や、雨の日に使うグローブやソックスはダンボールに入れて、棚の下の床の上に置いた。

他にもメンテナンスに必要な道具などもダンボールに入れて積み重ねている。


雨の日用のヘルメットや長靴はかさばるので、フックで壁に掛けることにした。

かなりマグネットが強力で、楽々ぶら下がった。 今まで、余っていて使い道がなかったので、ちょうど良かった。


その他、予備用の服で重複するものは家へ持ち帰ったり、あるいは職場のロッカーへ移動させたりした。


棚はテーブルか机だと思うことにして、作業用スペースと位置づけた。

これからは、物置に使わないことにしよう。


そして、今朝、いきなり成果が現れた。

駐輪場トランクに到着して、スマホのライトをつけて、棚の隅に立てかけた。

ランタン代わりに使う。

いつものことだ。

しかし、いきなりトランク内が明るくなったのである。

これまでは遮蔽物があったので、光がトランク内に行き渡っていなかったのだ。

なんとなく薄暗いのが当たり前だと思っていた。

しょせん、スマホのライトだし、と。

iPhoneのライトはかなりの明るさでした。

見誤っていて、ごめんなさいって感じだ。


それにしても、ちょっと片づけただけで、こうも違ってくるなんて、とあらためて驚く。

実を言うと、この頃、日常生活や家事も一段落したようなマンネリを感じていたのだ。

けれども、まだまだ伸び代はあるのだ、と思い知らされた。

これからも、ちまちまとカイゼンしていこう。

この、ちまちまを積み重ねていくと、どんどん楽になっていくのは学習済みだ。


あとがき 

ちなみに、この棚代だけで、月1,000円取られている。

棚代のことはネットにも記載されていなかったので、最初は詐欺だよなあ、と思った。

棚いらないから、1,000円円下げて、と交渉したけれどダメであった。

せめて、元を取ろう。

て、駐輪場トランク使用三年目にもなって、今さら何言ってんだか、て感じではあるが……。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)