らくだのライフハック

【食料品の在庫整理】カップラーメンとの距離の取り方。 #家事 #男子 #おひとりさま


休日の土曜日の食事は、残り物の整理となってしまった。


朝はいつも通りのバナナトースト。


昼は、カップラーメンといただき物のビール。


カップラーメンは、スーパーで値引き品だった。

特大サイズだけど100円。


ジャンクなものは食べないようにはしてるんだけど、カップラーメンは常備していた。

雨の日に自転車通勤をして、身体が冷えて風邪を引きそうなときに、さっと食べて温まろうと考えて買ったのだ。


あと、ウツっぽくなって、自炊も外食もする気になれない時の非常食のつもりだった。


幸い、自転車通勤も防水力や防寒力はアップしたようで、特に風邪を引きそうな場面はなかった。

今年はお盆から10月にかけて、ずいぶん雨には鍛えられたし。


それに、毎年、11月の季節の変わり目あたりはウツっぽくなってたけど、今年は珍しく平常心で過ごせた。

家事に取り組んだ成果、と思いたい。


そんなこんなで、買ってから、ずいぶん経ってしまったので、いい加減、食べなきゃ、と思っていたのだ。

もう、非常食も必要ないだろう。


そういえば、以前は、アルミ鍋の鍋焼きうどんを冷凍庫に常備していたっけ。

あれも、非常食のつもりだったけど、特に出番はなくて、もういいだろう、と在庫整理したんだった。


もう、家用にカップラーメンを買うことはなくなりそうだ。

とは言っても、たまには食べたいカップラーメンだ。

外出先で、急に腹が減ってしまったときや、自転車で出かけているときなど、身体を温めたい時はコンビニに駆けこんでカップラーメンをすすることは、まだまだ続きそう。

健康面はともかく、コストパフォーマンスは圧倒的だしね。

たまに食べると妙に美味いし。


カップラーメンで思い出すのは、休日の朝に、マウンテンバイクで某大学の自然公園へ走りにいったときのこと。

カップラーメンとボトルに熱湯を入れたものを持っていった。

自然公園の森の中のベンチで、ボトルのお湯をカップラーメンに注いで作って食べた。

美味かったな〜。

たまたま激辛担々麺で、のどが渇いて大変だったけど。


この食べ方は『大市民』で知った。

山形センセイは海でやってたっけ。

  • 大市民 8 | 柳沢 きみお | コミック | Kindleストア | Amazon

  • カップラーメンとは距離を取りつつ、お付き合いは、もうしばらく続きそうだ。

    それにしても、だいぶ、生活がシンプルになってきたなあ。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。