らくだのライフハック

肉のマンネリを打破することについての対策について #家事 #男子 #おひとりさま


イワシのオイルサーディンを予算範囲内で買えることになって有頂天になっている。

その一方で、最近、肉があんまり美味いとは思わなくなってきた。


肉は、基本、炊飯器調理で食べている。

試行錯誤の結果、骨付き肉や塊肉で脂身が多い方が好みなのだとわかってきたけど、けっきょくは物足りなくなっている。

飽きてしまったようだ。


予算が100グラム、140円未満なので、鶏もも肉肉や鶏手羽元、豚肉のスペアリブに、豚バラブロックあたりが常連だ。

買ってきたら、とりあえず、塩麹に漬けることにしている。

冷凍保存したこともあったけど、味がイマイチになるようだった。


炊飯器調理で簡単に美味しくいただいてきたけれど、そろそろ、次のステージへ踏み出すときが来たのかもしれない。

炊飯器調理は時々やれば十分に美味いけど、毎回そればっかりだと飽きがくる。


どうすれば、肉を安く美味しく食べられるか?


真っ先に思いつくのは、やはり、肉は焼いて食べた方が美味いのではないか、と言うことだ。

平日は無理かもしれないが、休みの日には、豚の小間切れなど買ってみて、物価の優等生なもやしあたりと炒めて、肉野菜炒めでも作ってみようか。

豚肉の小間切れは値段も安いけど、炊飯器調理とは、いまいち相性が悪いようで、最近、食べてないのである。

薄い肉は、炊飯器調理だと、調理時間が長すぎて硬くなってしまうし、固まってしまうのだ。


あと、思いつくのは、塩麹漬けだけでなく、味噌や自家製の甘酒やどぶろくなど、他の調味料に漬け込んでみようか、と考えている。

こういう時は、発酵調味料を常備してあることがアドバンテージになる。


そして、できれば、大好物のベーコンや生ハムを予算の範囲内で買いたい。

今のところ、検索しても見つけられないでいるけれど。

スーパーで売ってるベーコンや生ハムは、びっくりするほど添加物がてんこ盛りで、食べる気になれないけれど、無添加のベーコン&生ハムは、これまた、びっくりするほど高いのであった。

イワシのオイルサーディンみたいに安くて美味いのが見つかれば良いのだが……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。