らくだのライフハック

気分がアガる朝食へ。平日の朝もバナナトーストに。 #家事 #男子 #おひとりさま


先週の月曜日から、朝食のメニューが変わった。


以前は、煮豆に豆乳ヨーグルトをかけて、さらに甘酒をかけたものを食べていた。


煮豆は、スーパーで買ってくる。

金時豆、白花豆、黒豆の三種類。

量は130グラム。

値段は90円程度。

以前は、それよりもちょっと高い煮豆を買っていたけど、値段が安くて、そこそこ美味い、今の煮豆に定着したのだ。


豆乳ヨーグルトは、最近、酒粕豆乳ヨーグルトになった。

どぶろく作りのための酒粕を少しだけ取り分けて置いて、酒粕で豆乳を発酵させるようになった。

前よりも美味くなった、と思う。


甘酒は、最近、豆乳甘酒になった。

これまでは水だけで作ってたけど、水と豆乳とを半々ぐらいにした。

こってりとして、カスタードクリームのような甘さになった。

豆乳を入れた方が発酵も盛んになるようで、豆乳甘酒を入れたペットボトルが膨らむようになった。

水だけで作ってたときは、こんなことは無かったのである。


こうして書いていると、ちょこちょこバージョンアップしてたのだなあ。

朝のお目覚めの時に、煮豆と甘酒の甘さは楽しみの1つだったし、たんぱく質と糖分を摂れるのも良い、と自画自賛していた。

果汁100%ジュースを飲めば完璧だ、と。

マグカップに全部入れて食べると、洗い物も楽だったし。


けれども、もうちょっと気分のアガる朝食にしたくなった。

で、休日の朝のお楽しみだったバナナトーストを朝食にして、一週間やってみたのである。


ちなみに、バナナトーストは、パンの上に、バターをひとかけら、スライスしたバナナを乗せて、とろけるチーズをたっぷりふりかけて、マヨネーズをかけ回してトーストしたものだ。

簡単で、ボリュームがあって、美味くて、何よりテンションがアガる。

簡単に作れるのもグッド。


バナナトーストに切り替えてから、朝食後の自転車通勤も、楽になった気がするし、お昼まで空腹感を感じたりすることもなくなった。

これは、食事のボリュームがどうこうと言うよりは、精神的な満足度が高いことによる、と思う。

チーズがとろけて、ちょっとコゲてて、糸を引いているのを食べると、焼いたバナナの甘さや、トーストのしゃくしゃく感が口いっぱいに広がるのは、間違いなく小確幸の一つだ。


煮豆・酒粕豆乳ヨーグルト・豆乳甘酒も良かったけれど、できるだけ手軽に食べたい、と言うのが出発点だった。

簡単に食べられるのは良かったけれど、気分はバナナトーストほどにはアガらない。


しばらくは、朝食のメニューは、バナナトーストに固定されそうだ。

これまでは、手軽に作れる料理で、を優先してきたけれど、少し余裕も出てきたし、気分のアガる、精神的な満足度の高い料理へとシフトしていきたい。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。