らくだのライフハック

筋肉痛の時の自転車通勤はスキニーズで楽しむ! #自転車通勤


右尻の筋肉痛は、まだ続行中で、自転車通勤では、ひたすら、おとなしく走っている。

ただ淡々とマウンテンバイクのペダルを回すだけ。

正直、退屈だ。


でも、ロードバイク乗ってた時って、こんな感じだったよなあ。

なんだかジムでエアロバイクこいでるのと同じような気がする。


ただ走ってるだけでは退屈なので、遊びを少々取り入れてはいる。


道幅の狭い県道を走るとき、道路の左端に白線が引いてある。

白線から左側は自転車の通行スペースになるはずだけど、なにぶん狭い道路なので、そんな余裕はなく、申し訳程度に引かれている感じだ。

ほとんど白がハゲかけているし。


この白線の上を、ラインをはずさないように走っている。

これが、なかなか難しい。

タイヤが太い分、ロードバイクよりは安定していて楽ではあるんだけど。


ちなみに、マウンテンバイク業界では、丸太や山頂の尾根などの上でバランスを取りながら走ることをスキニーズと言うそうな。

なんか、かっこいいぞ。

今、自分はスキニーズをやっているのだ、とテンションを上げながらやると効果的だ。


スキニーズができる人は、縁石の上をマウンテンバイクで疾走できるらしい。

スゲぇ!

※ 白線の上や縁石の上を走るのは、安全でも適切でもありません。

白線上は、滑りやすい、特に新しいものは滑るし、さらに雨に濡れると滑りやすくなります。


後は、丸木橋まではいかないけど、歩行者・自転車専用の橋を渡るときにもスキニーズをやっている。

こちらは、できるだけゆっくり徐行している。

こんな狭いところで速く走っても意味ないし。

前に歩行者がいる場合は、歩くスピードに合わせて、できるだけゆっくりと走る。

29インチの太いタイヤだと、けっこうやりやすい。

徐行するのが楽しいとさえ思える。

ロードバイクの時にはなかった感触だ。


木橋とはいかないまでも、縁石の上を走れるようにはなってみたいものである。

※ 危険な走行を勧めるものではありません。 くれぐれも交通の妨げにならないよう願います。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

愛車はKONA UNIT。

29インチのマウンテンバイク。

シングルスピード。

(ギヤなし)

おまけにフルリジッド。

(サスペンションなし)


片道約1時間、約15㎞の自転車通勤続行中。

ロードバイク歴数年。

1年間ブルベに参戦し、SR (スーパーランドナー)取得。

やまめ乗り修業中。

現在はマウンテンバイクに夢中。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)