らくだのライフハック

日常生活のパズルにバナナや酒粕のピースがハマったことについて #家事 #男子 #おひとりさま


最近、バナナを定期的に買っている。

もともと安くて100円ぐらいだけど、値引き品になると50円で売っている。

たまごと同じく物価の優等生だ。


もともと、熟して黒っぽくなってるのが好きなので、値引き品でも全く問題ない。

こんなこと言うと、ジェームス君みたいだが。

  • Amazon | エロイカより愛をこめて (1) (秋田文庫) | 青池 保子 | コミック

  • バナナは、週末、どぶろくを発酵させるのに使うのと、バナナトーストを食べるのに使う。 5〜6本で、ちょうどいい。

    自分にとって、使い切りサイズだ。


    どぶろくを発酵させるのに、イースト菌ではなく、果物の天然酵母で発酵させるようにしてるのだが、今のところ、バナナが一番良く発酵するし、味も良い。


    バナナトーストは、今や休日のブランチ? のお楽しみになっている。

    バナナトーストを食べていると、休日って良いよな、という気分になれるから、我ながらシヤワセなたちだ。


    トーストは厚切り2枚入りを買っている。

    マーガリンのようなものは無添加イーストフードを使ってないのも気に入っている。

    よく値引き品になってるのもありがたい。

    値引き品になってるのを見かけると買って冷凍してあるのだ。


    こんな風に、バナナに限らず、何かが、自分の生活にするりと当てはまるような感触を覚えることがある。

    パズルのピースが、収まるところに収まったような。

    とても自然にしっくりとくるような。

    こういうことは長続きする。

    繰り返し、小確幸を覚えることも多い。

    文字通り、小さいけれど確かな幸せだ。

  • Amazon.co.jp: 村上さんのところ コンプリート版 eBook: 村上 春樹, フジモト マサル: Kindleストア

  • 他の人から見れば、なんてことないように思えるだろうし、なんでこんなことで? と疑問に思われるだろう。

    だから、自慢もできないし、そもそも理解もされないことが多い。


    けれども、こういう小さいことを積み重ねていくと、かなりストレスフリーになるし、機嫌よく過ごせる時間が増えていく。

    ほんの一つのピースだけど、日常生活のパズルに上手くハマった実感がある。

    これからも、一つずつ、ハマるピースを増やしていきたい。


    あとがき

    もう一つのピースは酒粕だ。

    どぶろくを発酵させるのに、普通は米麹を使うところを、自己流で酒粕を使って醸している。

    最近は、少しだけ取り分けて置いて、豆乳ヨーグルトを発酵させるのにも使うようになった。

    酒粕を過不足なく使い切って、しっくりとくる。

    こちらも日常生活パズルに上手くハマった気がしてる。

    「これで、いいのだ!」な感じ。


    カテゴリー紹介 #ライフスタイル

    ストレスフリーな毎日を過ごしたい!

    コストのかからない快適なボンビーライフ、「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。

    ネコのように丸くなって暮らしたい……。