らくだのライフハック

「これでいいのか」男のトリセツ #ライフスタイル


何かの案件についての書類を回しているときに、上司から呼びつけられることがある。

何か間違いでもあったかな、と思いつつ向かう。

「○○のことなんだけど、これでいいの?」と。

手には自分の回した書類が。

「何かマズいことでもありました?」

「だから、これでいいのかって聞いてんだよ」

「自分では気づきませんでしたけど……。教えていただければ直しますけど」

「ほんとに、これでいいのかよ」

こんな感じでループすることになる。


最初は自分が悪いのか、と思ってた。

次に、もしかしたら、自分で間違いに気づけってことなのかな」と思った。

ところが、そういうわけでもないらしい。

結局、言うだけ言ったら満足したのか、ハンコをついて、次に回してしまうし。


この手の男が言いたいことは、何かあってもオレのせいじゃないからな、オレは念押ししたからな、と言うことらしい。

一度、「何かあったらお前のせいだからな」とのたまった奴がいて、その時に、ようやく気づいたのだった。

けっきょく、これが言いたかったのね……。


だからと言って、ほんとうに後で問題が起きてしまったときに、「あれは部下の○○のせいで、私の責任じゃありません。私は散々注意しました」と言って、それですむ問題じゃないと思うんだけどねえ。

実際に、「私が作った書類じゃないんで」と言ったアホ上司がいて、さすがに「そういう問題じゃないだろう」と、その上の上司に怒られてたっけ。


どうも、「これでいいのか」発言が出るのは、良く理解できないので不安でしょうがない、と言うことがあるようだ。

まあ、良くわかっていれば、具体的に、ここはおかしい、とか、「○○は大丈夫かな」と言った具体的な話になるわけなので。

ただ、良くわからないことを認めるにはプライドが高すぎるし、後で何かあったらどうしよう、と不安になってしまうほどには小心者なので、「これでいいのか」スパイラルになってしまうわけだ。


まともに相手をして、腹をたててもしょうがないので、これまで特に問題がなかったことや、過去にこういった問題があって今のような形に落ち着いた、と言った経過を話すようにはしている。

特に、過去の問題を解決するために今の形になったと言う話をすると、かなり落ち着くようだ。

不思議な話だけど、「これでいいのか」男は、いつも、何か問題が起きるんじゃないか、いや起きるはずだ、とビクビクしてるようなところがある。

すでに問題は起きてしまったのだ、と聞くとホッとするようだ。

今後、二度と起きないという保障はないんだけどね。


なんにしろ、小心者のヒステリーにつきあってられない。

なだめるだけなだめたら、あとはスルーしてる。


カテゴリー紹介 #ライフスタイル

ストレスフリーな毎日を過ごしたい!

コストのかからない快適なボンビーライフ、「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。

ネコのように丸くなって暮らしたい……。